twonaの日記

2008-02-14むなむなダーと王子様・14

アサシンギルド

(ん?)

仲間達と別れたロンはアサシンギルドである酒場の外に、様子を伺っている不審な人影に気がついた。

多分、フェイヨン忍軍の忍者だろうがあからさま過ぎる。

(つーか、経験不足過ぎる動きだな)胸中でため息をつく。

特に敵対はしていないが、警戒対象の組織の拠点を監視するには迂闊過ぎる動きだ。

(どーするっかな)

捕らえた所で益は無いだろう、面倒になるだけだ。

(ちょっと脅かしておくかね)

気配を消して背後に近付く、相手の男はギルドを監視するのでロンに気が付いていない。

脇を通り抜けるような動きで、その男をすり抜ける。

寸前、気配を開放し、ついでに地面に落ちて居た小を踏み抜く。

「!!」

ビクッと震え、ロンへと向き直る男、その左手が腰の辺りをさまよう。

だが、そこには何も無い。

(素人過ぎる。こちらに向き直った時の動きは忍軍仕込みだがな)

批評しながら、何事も無かったかのように脇をすり抜け、そのまま酒場へと入って行く。

「よう、ロン」

入口に一番近いテーブルについて居る老人が声をかけて来る。

「ヒザキのじーさん」

ヒザキと呼ばれた老人は、ありふれた黒く染めたアマツ風の着物を着た鋭い眼光をした老人で、アサシンギルドの前ギルドマスターだった。

現役を退いたとはいえ、現ギルドマスターから頼られており様々な助言を行っている。

「外の小カラスをいじめておったのかいな?」

「そんなんじゃ無いですよ。横を通り過ぎただけですよ?」

肩をすくめる。

「ふっ、それにしてはやけに慌てさせていたじゃないか。忍者軍も大変だな、ワシらの監視に割ける者がアレでは先が暗いぞ」

「そーですかね」ヒザキと同じ卓に座り、冷酒を頼む。

「じゃが、面白い話でな。あの小カラスが来たのは今朝あたりからなんじゃよ。その前は気配も絶つ熟練の忍だったはずじゃよ」

「…へえ」

「これから導き出される事はなんだと思う?」

ヒザキの問いに、冷酒を一口飲んでから時間をかけて答える。

「ここを見張る以上の重要事が起きたって言う事です?」

ご名答。とは言ってもワシの推論に近いだけだから、真実と言うわけでは無いがな。どうじゃ?何か臭うじゃろ?」

「そうですね」

確かにきな臭いものを感じる。

「うちでは、城内で何か起きているか掴んでいるんですか?」

「わからんなぁ。探りを入れようにも情報が少な過ぎるからなぁ」

「で、俺に行けと?」

探索はともかく、自分ならある程度の辺りまでは城内に入り込めるだろう。

「いや、ロンには市街での異変を探ってもらいたい。出来るか?」

「長のご命令なら」

と、言ったところに外から慌ただしい足音が聞こえて来る。

「…ユイ?」

聞き覚えのある足音に眉をひそめる。

「ロン居る!?」

酒場の扉が勢い良く開かれ、ハイプリーストのユイが酒場の中に入ってくる。

「あー居た居た!あ、ヒザキ様こんにちは」

「や、ユイ様はいきなりどうしたのかね?」

「うん、ちょっとね。ロンちょっと来て。急ぎでね」

ツカツカと歩み寄って腕を取る。

「なんだってんだ…」

「師匠さんが大変なのっ。フィリオリがそれで皆に召集をかけてるのよ」

声を潜めて言う。

「…」

変わった顔色を悟れないように冷酒をあおる。

「分かった、行こう。ヒザキじいさん、また出てくるけど、何かあります?」

「いや、お前さんの予定を優先していい。ただ、事後報告だけしてくれ」

「感謝です」

そう言ってからユイを促して外へと駆け出す。

「ふむ…」

その様子を見たヒザキが、給仕の女に目配せをする。

それからすぐに、酒場から三人のアサシンが出ていく。

「この国も、何かが動き出したようだな」

そう一人ごちて、ヒザキは思考に沈んだのだった。

MaherMaher 2012/03/28 14:27 Heck yeah this is exaltcy what I needed.

bqibvbymewbqibvbymew 2012/03/28 21:07 FSQpNL <a href="http://zmlxghaowzkt.com/">zmlxghaowzkt</a>

myfuwolxwmmyfuwolxwm 2012/03/31 20:48 i4UUTo , [url=http://zswxqjbjsmei.com/]zswxqjbjsmei[/url], [link=http://vinzwedntajw.com/]vinzwedntajw[/link], http://kfgzhxpyahxt.com/

ゲスト



トラックバック - http://ragnarok.g.hatena.ne.jp/twona/20080214