testa_kitchenの日記

2006-05-10物価推移から見るBOT数の増加について

基本的に今のてすたさんのROプレイ時間の95%は転売チャット放置露天タイムなわけですが

 狩場とかぜんぜん行ってないのでBOTが復活した、という情報は伝聞で聞いてはいても、まったく実感として沸いてこなかったのですが…

 転売やるにはまず市場実勢価格を把握しておくことが重要で、寝る前には買うつもりなくても露店の実勢相場なんかをちょろちょろ見ていたりするわけです。

 そこで実感できるのが…

.

 (こと皿鯖に関しては)5月に入ってから目に見えてBOT産出効果が大きいであろうアイテムの値段が下がってきている、ということです。

 今までも特定アジア電脳出稼ぎ肉人形産と思しき商人の露店が、nPRO投入前水準に迫るイキオイで復活してきているのを見ては「もうだめだー」な気分になったりしていたのですが…

.

 5月に入ってから、あきらかに「それっぽくない傾向」の露店の(いわゆるBOT産出品の動向に連動しているであろう)商品の値段までがめりめり下がってきて、これはもはやBOTを飼っている側が「市場を支配」できないほど、大量のBOTが放たれている様になってきているんだな、と痛感せざるを得ない市況になっているのでした。

.

 具体的にはエル塊・スケワカ・過剰防具・タラ・ゴブ・マンドラ等の「高レベル者が倒しに行くのがめんどくさい」MOBが持ってるCアイテム相場が、5月に入ってから10日間で軒並み4割~5割ほど価格が落ちているというわけなのでした。

(赤蝙蝠Cとか、需要の割にはBOTでさえも投入して得られるリターンが微妙であろうカードなんかは相変わらず「もちインフレ」の影響受けて高止まりしたままなので、単純な需給関係の不均衡とは考えづらいと思います)

.

 スケワカCとか、効果ととりにいくしんどさから考えれば、(BOTがいないなら)皿相場で9M相当くらいはしても不思議じゃないアイテムで、実際皿での最高相場価格は一時期10Mに手が届くくらいだったんですが

 今の相場は2.5Mほどまで下がっているわけです。「おもち」の効果で一般ピーポーがゼニーをそれ相応に手にして、しかも市場全体でまだおもちは全在庫数の4割も消費されていないであろうと想像される今に至ってもです。

.

 よく「ROの市場はBOT支配」とよく言われますが…

 ギガ単位のゼニーをおそらくは持っているであろうBOTERですら、「相場を維持」することなどできないわけです。前述したことと矛盾しますが、圧倒的多数(アカウントのパーセンテージ、って意味じゃないお)であろう「BOTと関わりのない」消費者の動向を無視しては何もできない。

.

 非常に絶望的な展望ですが、RO相場は「常にBOTも【含めて】動向を考えなければならない」のだろうなぁ、という事実を目の当たりにし、僕は暗澹とするのでした。















 まぁ一言で言うと「ガンホがまたBOT対策パッチ入れるまではBOTアイテムは下り相場だから今露店出す人はその辺頭に入れて動いてみてはどうでしょう><」ということなんです(死




 僕は当然在庫売りぬきに走ったわけですが(^w^)

 ついに ねんがんの 300Mとっぱの SS ウェーイ ヽ(OMO)ノ