Hatena::Groupragnarok

Seak's Notes RSSフィード

2008-03-02 (Sun)

[]00:05

日本では翻訳されていませんが、本来、GvGの舞台となっているには、それぞれ名前が付いています。

で、コメントで名などの情報をいただいたので、ここでご紹介させていただこうと思います。

由来まで書いてあって、非常におもしろいです。

こういうエピソードも含めたクエストなんて実装されませんかねえ…。ギルドぐるみで参加するギルドクエストなんてどうなのでしょうか。

あまり一部の人しか参加できないようなクエストを実装すべきではないのでしょうか。

2007-12-17 (Mon)

[]12月16日GvGレポート 23:10

今週は、プリーストで参戦してみました。

いくらWoDがどのキャラで参戦してもOKとは言え、68のプリで出ていくとは、我ながらなかなかなめています。

いくらVITとは言え、さすがに87のケミより死にやすい印象でした。ただ、CTで粘着されたりしたんですよね。下位となると玉石混淆ということでしょうか。

ワールド
Lisa
ギルド
Wings of Destiny
PT
後衛
参加キャラ
プリースト 68/25
指揮
アルカさん
戦力規模
終了時34名

今週は、僕がマスターをしているギルドであるPrismatic Shootからあどばぐさんが参戦していました。そういうわけで、少し丁寧に書いていこうかと思います。風呂に入ったあとで手の調子もいいですし。

概要

前半はレースでした。WoDにしては珍しく競り負けが続いたようです。対抗に拳聖の人が多かったようです。

レースと言っても、WoDの場合は制圧したり防衛したりってのがあるので、そのあたりが分かりづらかったりはします。なんでそんなことするの?と言われたら、きっと「その方がおもしろそうだから」としか言えないのでしょうね。一応、普段から防衛しておくことで、終盤の確保戦で安定した防衛ができるという理屈を考えることはできるでしょうが、きっとそれは後付けの理屈というやつでしょう。毎週毎週、全然安定とかしてませんしね。

後半は、あれこれ話が出ていましたが、結局はいつもどおりV2でした。しかしながら、ここでいつもとはまったく違う展開となりました。なんと、最後になってもどの勢力も攻めてこなかったのです。なんでも、割とよく顔を出していたロリビのみなさんが宿無しだったりしたのだそうで。他のでは、いろいろ波乱があったようですね。

前半

意図はよく分かりませんでしたが、とりあえずアルカさんに「私にくっついて支援くれ」と言われたので、くっついて支援をしていました。たぶん、常時プリがついた状態で俺TUEEEEEEEEEEがしたい、ということではない、と思います。たぶん。

ずっと見てるはずなのにいつの間にか姿が消えたりして、なかなかおもしろいものです。Pentium 4を使っているとは思えません。

それにしても、人のスタンを治さなければならないプリスタンしているようではちょっと困りますね。VIT20のケミはあまり気にならなかったのですが、VIT58のプリではかなりスタンが気になりました。スタンのことだけでなく、いろいろなことがケミとは違って見えました。やっぱり、プリの方がやることが多い分、余裕がないようです。ケミでもまわりが見えていなかったのに、これではますますまわりが見えなくなりそうです。まあ、味方だけ見ていればいいのかもしれませんね。プリの場合。

それと、ケミの場合はレース展開になったら、問答無用で先陣を切り、ひたすらエンペを目指して走っていたのですが、プリの場合はどうすべきなのでしょうね。基本的にエンペを目指すってのがレースの鉄則だとは思うのですが、少なくともプリは、IAがかかっていない人を見かけたら、その人にIAをかけるべきですよね。それに、LKを見たらとりあえず速度減少はかけるべきではないかと思います。そう考えると、ERでの競り合いにはほとんど参戦できないことになってしまうのですよね。どちらがいいのか、ちょっと難しいところです。ただ、WoDではこういうときに、特にどうしろという命令のたぐいはされないので、自分で考えて動くしかありません。たまには支援なんぞほっぽり出して、全速力でエンペを目指すのもいいかもしれません。ケミではLKの人より早く着くこともできたので、きっとプリでもできるでしょう。それはそれで、敵前衛にをばらまくとか味方に支援を回すとか、いろいろできることはあるのですよね。

ちなみに、周りは見づらいですが、味方は見やすいのがプリの特徴です。ArVを撃つためだけに参戦したと聞いていたゲストの人が結構丁寧な支援をしていたり、弓の通常攻撃で延々足止めをしていたりする人など、いろいろ堅実に働いている人がいるのがよく分かります。そういや、アルカさんが予告なしにEmCの詠唱を始めたときも、すぐ気付いたのですよね。今にして思えば、僕が言えばよかったのですね。ずっとアルカさんに粘着して一の報告を繰り返したりするのも便利かもしれません。自慢じゃありませんが、僕が一番得意なのは、プリよりもケミよりも、チャットですので。

ちなみにこの日は、レースが不調だっただけでなく、サーバがかなり重かったようです。

後半 Valkyrie Realms 2

前半も後半も何も、感想ばっかりであまり時間は関係ないような気がしますが。

前半はV2やC2などを回っていましたが、後半はいつものV2へ舞い戻ってきました。

もうValと入力すると、ATOKの省入力機能がValkyrie Realms 2という候補を出してくれるくらいV2が好きなWoDです。

つくづく思うのですが、WoDの大好きな逆攻めって、できるがかなり限られるのですね。防衛に有利と言われる、高台から魔法を撃てる地形は、逆攻めを考えると全滅です。何と言っても、前衛が蹴散らした直後に後衛が敵を吹き飛ばすから効果的なのですから、前衛のすぐ後ろに後衛を配置できるような、一般に防衛に適さないと言われるでないと逆攻めは難しいということになります。その点、V2は最適です。

それ以外だと、B4がやややりやすいでしょうか。ただ、3マップからERに続くWPのあたりがやや狭いので、飛び出したところを狙い撃たれる可能性はありますが。

また、ERでいきなり分岐してしまうB5も、WPそばに大勢の人員を配置でき、一気になだれ込めるという点では逆攻めに適していそうです。

こうやって考えていくと、実は守りづらいが逆攻めには適しているのだと分かります。ただし、B5の3分岐はやはり守りづらいですし、L1もいきなりの2分岐はかなり厳しいものがあります。そう考えていくと、Lは逆攻めが難しいですね。特に最強のといわれるL4は、その最強の所以たるランダムワープによって、出ていったあと戻れないので、逆攻めは不可能です。

Cを見ていくと、C1とC2は、比較的防衛しやすいオーソドックスな高台があるので、逆に逆攻めには向いていません。C3も、いきなりの2分岐では守れるものも守れません。C4とC5も同様ですね。

残るVですが、とりあえずV1とV3、V4はオーソドックスな高台のある構成で、逆攻めには向きません。V2は前述の通り、まっすぐ突っ込んで真ん中からばらまけばいいので、きわめて逆攻めに適しています。V5も変則的ですが、Wizを遠くに配置できますので、逆攻めには向かないでしょう。

こう考えると、実は逆攻めのできるは多くないのですね。と言うか、今の話じゃB4とV2しか残っていないですね。これはあまりにも…。

あえて選ぶならどこでしょうか。守りづらくても、WizWPの近くに配置するようなですよね。B5と、100歩譲ってL1とC3の2分岐、C4とC5くらいでしょうか。それ以外ので逆攻めをやるとなると、高台にWizを配置できるのに、あえて前線にWizを置いておく必要がありますね。いや、それはそれで悪くないのでしょうか。

そういう配置を考えると、超オーソドックスな構造以外は大抵が候補に入る気がします。考えてみれば、V2もWPからまっすぐWizに突っ込めるわけで、そういう意味では他のWizWPそばに置くのもありなのかもしれません。B1やB2は取ること自体が難しそうですが、とりあえずこの理屈で可能です。B3も、広くて大変そうですが、とりあえず配置自体は可能です。L2も行けそうですね。L3はさすがに狭すぎて無理でしょうか。しかし、L3ほど狭い通路なのに、最初の曲がり角までに全人員を置いたら邪魔すぎて先へ進めないかもしれません。まさに人のですね。30名を越える今のWoDなら案外アリなのかもしれません。

C1とC2も、かなり長い直線があるので、この直線上にWizを置いてしまえば普通に逆攻めは可能ですね。

それで行くと、V1やV3もOKで、入ってすぐに曲がり角があるV4は、実は最適じゃないかと思えてきました。このV4、曲がり角のそばには旗もあるので、「こんな近くにWizがいる!殺そう!」と思って焦ると旗をクリックしてしまうという悪質な狡猾な戦術が考えられます。

また、V2の使いやすさとして、下がるとすぐに曲がり角があって逃げやすいという点も挙げられます。この意味でもV4は条件を満たすと言えます。V2ほど下がりやすくはありませんが…。その意味では、V1がきわめてイナバに移行しやすく下がりやすいであるとは言えそうです。B4も曲がり角が続いており、かなり下がりやすそうです。WoDの今のやり方でBを狙うなら、おそらくB4が最善の選択肢となると思います。いや、レースでB5を取った方がいいとも言えますが…。

それにしても、全然Gvのことを書いていませんね。まあ、Gvの方は、暇防衛でした。これは、30人という攻めやすい頃合いの勢力としては、きわめて異常な事態です。中堅勢力だけでなく、大手の派遣勢力にとっても、非常に狙いやすい的として認識されていたはずだからです。ましてやV2は、細かいことは知りませんが、何か有力な神器材料が出るらしいのです。これだけ長いことV2にいるんだから、少しくらいは神器材料があるかもしれません。Gvでアルカさんを倒すと、0.01%の確率で神器材料をドロップするかもしれませんよ。

で、ここでなんと、同盟を組んでいない単独勢力のくせに、派遣を出していました。C3へ行っていたそうです。で、エンペを叩くところまで行けたのだそうです。あれこれ言ったところで、さすがに基本はレーサーです。すごいものです。

感想

なんか本文が感想みたいでしたが、とりあえず感想です。

プリはやはりおもしろいですね。しかし、割と一つの場所で落ち着くことの多い大手と比べると、あちこちに動き回るWoDのGvは結構厳しいものがあります。Saraでやっていたときはレベル70でも大きな不満を感じることはなかったのですが、今回はレベル68じゃ明らかに足りないと痛感させられました。

あと、さすがに廃Wizのくせに死なないギルドマスターだけあって、アルカさんの動きはなかなかおもしろいものがありました。

あとは、反省会で言い損ねたので書いてしまいますが、WoDは回復剤をケチる傾向にあるようです。まあ、ギルハンが毎週毎週スリッパという金欠ギルドなのだから仕方がないと言えばそれまでなのですが、HPが減った状態で歩き回っていると、ちょっとした拍子で、死なないはずの攻撃で死んでしまう可能性があります。多少無駄遣いでも、常にHPは満タンを維持した方がいいのではないかと思います。

ちなみに、前にも書きましたが、プリヒールは無駄です。なぜなら、ヒールをする間にキリエをかければ余分にダメージを軽減する余地ができるからです。そして、ヒールプリがかけなくても、自分で回復剤を飲めば済む話です。プリに限らないことですが、Gvではなるべく、自分でできることは自分でやって、各自は自分しかできないことを優先してすべきです。

あと、第三者の目から見ると、プラントの強さってのがよく見えますね。特に、相手が少数だとかなり効果的なようです。V2の3マップで防衛していたのですが、アサクロさんが右へ行ったり左へ行ったりしながらひたすらプラントに撃たれ続けていて、大変そうでした。あれは、V2の3マップの構造による部分もあったのでしょうね。

とりあえず、プラントは多数の敵を止めるには向かないようです。どちらかと言えば、少数の敵に、ラグを気にせず粘着できることが強みと言えそうです。その意味で、やっぱり基本的にはラインの後ろが配置として最適でしょう。大魔法が当たらないですし。ノピティギのポイントも効果的です。

なんかレポらしいことを全然書いていませんが、こんなところで。

そういや冒頭に書いた玉石混淆ってことですが、基本的に、プリに粘着するのはあまり意味がありません。プリ前で支援をかけるときこそが最大の活躍をする場所であり、攻めの途中ではさほど役に立たない職だからです。全職でも優先順位は最低と言えるでしょう。そんな最低の優先順位の職に対して、コストのかかるCTで粘着する暇があるなら、他にいくらでもできることがあるはずです。その意味で、やっぱり今でもGvに慣れていない人はいるのだと感じます。まあ、新しい人だっているでしょうし、当たり前の話ではありますが。

2007-12-04 (Tue)

[]12月2日GvGレポート 21:34

実は弟の誕生日でしたが、そんなことは完全に忘れてGvGをやっていました。まあ、日付が変わる直前にメールを1本書いておいたので問題ないでしょう。

で、この日はずっと出かけていて、帰ってきたのは終わりがけでした。

ROリアルの用事が重なったらリアルの用事を優先するということにしたのですが、最近はそれもだんだんあやふやになって来つつあります。僕も廃人への道をまっしぐらですね。それにしてはレベルが低いし、お金も全然貯まらないわけですが。5年もやっていて僕ほどレベルが低い人は、なかなか他に見ない気がします。

ワールド
Lisa
ギルド
Wings of Destiny
PT
中衛
参加キャラクター
アルケミスト
戦力規模
終了時31名
指揮
分散、終盤のみアルカさん

概要

終盤までずっとレースをしていたようです。いなかったので分かりませんが、レースだと僕は戦力にならなかった可能性が高いので、いなくてもよかったのかも知れません。

とりあえず、最後にB5でレースをしていて取り損ねたところしか見ていなかったのでよく分からなかったのですが、どんな感じだったのかは結果を見るとよく分かる気がします。404 Not Found404 Not Found、それに404 Not Foundが参考になるかと思います。

なんかページ名が同じになっているようですが、僕はそのページの作者さんがつけたタイトルを尊重することにしているので、特にいじらないことにします。あと、三つ目のギルド別戦績で、うまくWoDの成績に飛ばないようです。これはよく分かりません。Operaでは飛びませんが、IEなら飛ぶかもしれません。

破壊点数、落城数共にトップ、総防衛時間に至っては3時間16分となっています。これきっと、どこかで遅延防衛でもしていたのでしょうね。

最後はV2に滑り込んで確保となっています。

感想

内容を書くほど長くやっていなかったので、感想です。

…と言っても、来たらいきなりV2でどつき合いをやっていて、3マップで押されてこれはもうダメだと思ったらエンペ周辺に呼ばれて、イナバをやっているうちに勝ってしまった、という感じだったので、何とも言えないものがあります。

やっぱりGvGは最初から参戦した方がいいってことくらいでしょうか。

2007-01-14 (Sun)

[]1月14日のGvG 23:53

今週も、Lisaで参戦していました。したがって、きゃらめるぼっくすのGvGのレポートはありません。

2006-12-24 (Sun)

[]12月24日GvG 04:28

今日は、プリで少し歩いてみました。

いつもと違って、プリなのにやたらと狙われました。なぜなのでしょうか。

よく分かりませんが、PT名が原因かもしれません。

f:id:secseek:20061225042744j:image

しかし、クリスマスイブの夜だってのに、ROなんぞやっていたらふられるかもしれませんな。

ちなみに、側にいるスマイルマスクの集団は、「独り身軍団」という名前のギルドの方々でした。