Hatena::Groupragnarok

Seak's Notes RSSフィード

2005-08-25 (Thu)

[]ギルドの方針更新 00:20

久し振りにギルドウェブサイトを更新しました。

ギルドマスターの紹介とか、もうレベル96なのに未だにレベル89とか書いてありますが、面倒なので放置します。VITDEXがそれぞれ45程度しかないと書いてありますが、現在は両方60くらいまで増えています。15しか増えていないと言うべきか、15も増えたと言うべきか…。

ROトリオさんで計算してみると、現在とまったく同じ装備だったとしても、当時のHPは5816しかなかったとされています。現在は7710ですので、やはりそれなりに強くなったということでしょう。

まあ、更新されていない部分はともかくとして、ギルドの方針を更新しました。RO公式ウェブサイトのマナー規定に反したらいかんよ、としか書いていなかった部分を、あえてBOTRMTについてだけ追記しました。この辺に関しては論外だから、明らかだったら事情を聞く余地もないよ、ってことです。

あとはメンバーの条件についてです。割と珍しいと思うのですが、うちのギルドはメンバーの接続について一切定めていません。3ヶ月に1回くらいしか来なくてもOKということにしていますし、他のギルドがメインだったり、他のワールドがメインでもOKとしています。半年以上いない場合は、ギルドがどうのこうのと言う前にアカウントが消されるでしょうね。

2005-07-14 (Thu)

[]ギルドスキル 12:29

ギルドスキルの実装に伴って、偉大なる指導力と鋭い視線を1ずつ習得しました。今後、僕の周辺5*5の範囲内にいれば、ギルドメンバーならSTRDEXが1ずつ増加します。こうなると正式ギルド認証とかが惜しいと思ってしまいますが、まあ、仕方のないことですね。

そういや、ティナさんが鋭い視線5を取得するためにギルドを作るのだそうです。完成したら便利そうですね。特に製造とかに。

2005-06-23 (Thu)

[]ギルドウェブサイト 10:36

ギルドウェブサイト、ここ3ヶ月ほど更新を停止しています。また、Wikiも重すぎて最近更新が途絶えています。ということで、ご要望はあるでしょうか。やっぱWiki移転ですかね…。どうやれば移転できるのでしょうか。まるごとごっそり移転できればいいのですけど。

みねみね2005/06/25 18:55吹き出しました・・・。ひどすぎw

secseeksecseek2005/06/26 13:28うはwwwwwwおkwwwwwうぇwww
…ってのは置いといて、一度くらいは逆毛の祭りに参加してみたいですね。栗毛で行ったら追い返されそうですが。

2005-06-12 (Sun)

[]ギルド会改革案 07:42

前にも書いたかも知れませんが、僕はLisa鯖でギルドマスターをやっています。にもかかわらずSaraでGvGをやっていたりするわけですが。

ところで、ギルド会に関して混乱してきたので、ちょっとここで整理してみたいと思います。掲示板の方がいいのかも知れませんが、あっちは長文に向かないので…。

建前と経緯

まず、建前論からです。そんなものはすっ飛ばしてもいいのかも知れませんが、一応話の前提条件なので、この辺は固めておくことにします。もっとも、状況によって建前なんて適当に変えてしまうつもりではあるんですが。

まず建前として、Prismatic Shootはギルドとして、特に目的を持ちません。公平PTを組むことも考えていませんし、正式ギルド認証は取得していますが、GvGも考えていません。一次職育成支援の体制は比較的整っている方だと思いますが、別に育成支援のためのギルドでもありません。単に知り合い同士で連絡が取りやすくするためだけのものであり、PTの拡張程度のものです。

以上のことから、ギルドメンバーが何をしていようが、ギルドとして一切関与しません。

さて、それはいいのですが、せっかくギルドに入っているのに全然会わない人がいるというのも寂しいものです。特に大規模なギルドでもないので、大人数のPT狩りは難しい状況でもあります。そこで、週に1回日時を決めて集まってみることにしました。しかし、あくまでもギルドとしてメンバーへの拘束は一切しないので、集会への参加も任意です。来たい人だけ来ればいいということにしています。

補足として、集会以外の方針についても書いておきます。Prismatic Shootでは、そもそもギルドとして、ギルドメンバー同士は相互不干渉とすることを基本としていました。誰がどこで何をしようが、基本的には関知しないことにしていたのです。現在では実状に合わないことからPT狩り推奨としていますが、考え方自体は変わっていません。あくまでも、メンバーへの拘束はしないことが建前です。だから、例えば以前に、ギルド会には基本的に顔を出さず、みんなが拠点としている下水前にもほとんど顔を出さず、ひたすらソロ狩りを繰り返しているギルドメンバーがいました。何をしようと自由ですから、それでも構わないわけです。それから、数週間に1度とか、場合によっては数ヶ月に1度しか来ないメンバーもいますが、それでも問題ないわけです。

また、このようなギルドの性質から、ギルドマスターによるギルドに関する意思決定は、基本的にしません。例え緩慢であろうと、ギルドメンバーの総意による決定がなければ何もしません。明らかに緊急である場合は例外ですが、そうでない限りはギルドメンバーの総意によって意思決定を行うことにしています。

また、おそらくもう必要ないかと思いますが、ギルド内の情報については基本的に秘密です。まあ、最近じゃこのブログに書きまくってるので秘密もへったくれもありませんが。

あと、Prismatic Shootは別のギルドを引き継いで生まれたギルドなのですが、その元のギルドでは非常に弓手を嫌っており、基本的にアーチャーハンターギルド加入は禁止としていました。その関係で、遠距離攻撃に関しては若干シビアな考え方をしています…。が、この辺は本当に建前ですね。今や、ギルド弓手を持っていない人なんて、メインのメンバーでは僕だけですし。

現状

さて、建前として以上のことがあるわけですが、その建前を踏まえて現状を整理したいと思います。と言っても、思い切り僕の主観が混じってるので、コメントなどでバシバシご指摘願います。客観的な話はギルド掲示板あたりで。

現在、友好ギルドの「流星の輝き」と一緒にギルド会を行っています。ところが、2ギルドで集まっているという状況から人数が今までよりも多くなってきて、なかなか目的を決められない状況にあります。そのそもそもの原因として、「Prismatic Shootは基本的にギルドメンバーに干渉せず、ギルドマスターによる意思決定もしない」という建前があります。この建前があるため、ギルドメンバーの参加不参加をあらかじめ調べておくことも、ギルドマスターの独断で行き先を決めてしまうということもしなかったわけです。もちろん、そもそもこの方針を決めたのは僕ですから、僕の好みでもあります。つまり、僕が勝手にみんなの行き先を決めてしまうってことに強い抵抗があるわけです。もちろん、Prismatic Shootのメンバー以外の人もいるのに僕が決めていいのかってのもあります。しかし、僕らの方がベテランが多い…と言うか、流星の方は初心者の人が多いので、僕らのギルドが主導する形でいいのかなあ、と思っています。

対策

さて、この現状を問題視するかどうかで二つの案が出ている状況です。一つ目は、Prismatic Shootのマスターである僕と、流星のマスターの考えです。

  • 現状が大きな問題とは思えない。あまり計画など立てずに行けばいいのではないか。目的地が決まらなくても、話しているだけでもいいじゃないか。

先ほども言ったように、流星の方は知りませんが、Prismatic Shootの方はマスターによる意思決定はしていません。なので、僕がこう言ったからといって、これがギルドの方針になるわけではありません。

しかし、このやり方ではいろいろ問題が起きるわけです。行き先が決まらずぐだぐだになるってのもそうですが、それ以外にもいろいろ考えられます。

    • メンバーを把握していないため、公平PTが組みづらい。従って支援プリが非常に不利
    • 構成を検討していないため、まともに狩れなかったり過剰戦力になりかねない。戦力が足りない場合、プリに大きな負担
    • 適当な話し合いなので、不満が残る可能性
    • ボスを見つけた場合、方針を決定していないとどうしても戦う方向に流れやすいこと
    • ボスに限らず、無謀な突進でデスペナがかさむこと

思いつくだけでもこんなことが考えられます。多くの場合、問題となるのはプリへの負担です。今までは、マスターである僕がプリを出していたため、プリへの負担がたいした問題にはなりませんでした。何が起こっても、結局困るのは僕だけですから、僕がよければそれでいいわけです。ところがメンバー増加に伴って、僕一人で支援しきれる規模ではなくなり、支援プリへの負担が無視できなくなってきました。

そこで、以下のような対策案が出されました。

  • あらかじめ出欠を確認し、マスター、もしくはその代理人による意思決定を経て行動する。

最終的に、マスターかその代理人が責任を持って行き先を選定するわけです。こうすればPT構成をしやすくなって公平PTを組みやすくなりますし、リスクも減るわけです。また、重いサーバや混んでいるマップを避けるなど、その場のノリでない判断が可能になります。

問題としては、面倒くささが挙げられます。僕は、ギルドマスターまでやっておきながら何を言うかと思われるかも知れませんが、ROなんてのはたかがゲームだと思っています。だから、ROでのイベントなんてのは、リアルの用事とは比較にならないほど軽いものだと思うのです。なので、メンバーへの負担を極力軽くしたいと思っています。出欠を取るということは、当然各メンバーに責任を持って出席してもらうということになります。メンバーはそれぞれの責任で、土曜日の20時30分という時間を確保しなければならなくなります。またこの場合、「なんとなく」という理由でギルド会を欠席することが難しくなります。適当な理由でごまかせばいいのでしょうが、こんなことでうそをついたり、良心の呵責にさいなまれる必要はないのではないでしょうか。

2005-04-05 (Tue)Steel Me

[]Wikiroom不調 10:20

どうも、ギルドWikiに利用させていただいているWikiroomに復調の兆しがありません。やはり、無料で広告も目立たないWikiサービスには限界があったのでしょうか。XREAがいいかと思ったら、あれは大人気でほとんど募集されていないのですね。インフォシークは、別ドメインからのリンクははねてしまいますし、僕が利用しているプロバイダJ-COMでは、ユーザCGIは利用できません。J-COMはなかなかいいサービスを提供していると思うのですが、ユーザCGIが利用できないことだけは欠点ですね。

ところで、キーワードを見てみると、J-COMではリネージュIIはプレイできないのですね…。ちょっと意外です。