Hatena::Groupragnarok

Seak's Notes RSSフィード

2016-05-31 (Tue)

影狼育成中 08:46

リベリオンと並行して影狼も作ってみました。

なんで朧じゃなくて影狼なのかと言えば、それは分身があるからです。残月と比べて恐ろしく評価の低いスキルですが、僕は面倒なのが嫌いでパッシブが好きなので、その意味でいけてるかな、と思うのです。あとは地味に初心者の育成支援に便利ってのもありますね。

例のごとくASでがんばろうと思ったんですが、発動するのが龍炎陣じゃなくて紅炎華なんですよね…。

別に悪いことじゃないんですが、紅炎華は十六夜込みだと詠唱も短いしディレイも0だし、すばらしい連射性能を誇ります。火符が5分で770z分必要ですが、そこに目をつぶれば十分な火力です。

それのなにが問題なのかって、それで十分だからわざわざASで使う必要がないってことなんですよね。

とりあえず灼熱の上衣の+7を目指してコツコツやってみます。

リベリオン育成中 08:31

130のエクソダスジョーカーXIIIを目指してリベリオンのレベルを上げています。

リベリオンの評価としては、拡張職としてはこんなもん、って感じのようですね。スキルの性能だけで言えば三次職と互角と言っていいと思いますが、三次職にはアーティファクトや課金装備がたくさんありますから、そのあたりで差が付いている印象ですね。影狼や朧にもさほど課金装備は追加されていませんから、リベリオンも今後に期待するのは難しそうです。

ちなみにその辺の装備を抜きにして考えると案外強いので、初心者向きとは言えるかもしれません。本格的に使い始めると弾代がいくらあっても足りない状態になるようなので、もうその時点で初心者向きとは言えなくなりますが。

今後の方針としては、マランビギナーをぐるぐる回すことになりそうです。ショットガンのASパッシブなんて型だと、pジタも苦しそうです。プラチナムアルターをかけてシャッターストームを逃げうちすれば可能性はあるかもしれませんが、それならバリオにでもこもった方が良さそうです。あとはカラースコープかブルーサザンクロスでも持ってニブルですね。リベリオンの狩りは弾の補給のしやすい場所でないと難しいのがつらいです。

そんな調子でGHMDなんてどうするつもりなんだって話ですが、これはもうギルドメンバーに頼るしかないと思っています。ひどい構想ですね…。

2016-05-28 (Sat)

アイシラカード 13:13

詠唱50%減って言うから変動詠唱しか減らないんだと思ってたら、固定詠唱も減るんだそうです。ショック…。

ASSとデュプレが減るだけで大助かりなので、さっそく買いました。

そしたらMSディレイでろくに使えない、なんてオチになったりして…。

2016-05-20 (Fri)

リベリオン育成 08:56

なんか推されてるのでリベリオンを始めてみました。

それで結論として、ダンスは強い、あとはイマイチという感じらしいです。相変わらず同じようなバランス調整ですね…。

ただ、スキルが強いかどうかは興味がありません。パッシブでどれだけの火力を出せるかが問題です。で、問題になるのが弾です。

パッシブに限ったことではありませんが、弓や銃は弾が減ります。これがものすごいらしいんですね。ASPD193で1分間撃ち続けると428発減る計算ですから3分かそこらで1000発以上、10000発あっても30分で息切れしてしまうことになります。パッシブの「クリックしているだけで好きなだけ狩り続けられる」という利点を考えると、この欠点はその利点を真っ向から否定してしまう大変大きな問題です。

弾の問題をおいて考えても、パッシブだと同じ遠距離職の連にとてもかなわないようです。フィアーブリーズや鷹に相当するスキルとしてエターナルチェーンやクイックドローショットがあるわけですが、どちらも連より性能が低いようなのです。致命的だったのがクリムゾンマーカーの仕様で、どうもこのクリムゾンマーカーの烙印というのは状態異常扱いらしく、バリオで使えません。ハンマーオブゴッドやドラゴンテイルも同様です。

ちょっと難しいようですが、とりあえずはこのまま続けてみます。強いかどうかで言えば、そもそも手持ちのキャラに強いのがいません。秒間火力で言えば、ヒートバレルありなら一応、トップクラスにはなりますので。もっとも、ヒートバレルはクールタイムが長すぎて常用できませんが。合間はマッドネスキャンセラーあたりで埋めるしかないんですかね。アルターとの差がひどいです。パッシブにこだわりがない限り、バフはアルター一択ですね。こちらも極端なバランス調整です。せっかく好きな弾を選べるリベリオンなのに、聖弾に固定されちゃうのはひどいデメリットですが。

ともかくそんなこんなで、リベリオンはとりあえず作ったらそれっきりになりそうです。そこで思ったのは、さりげなく今回の育成イベントでセットになっている影狼はどうなのかってことです。前からやってみたかったんですよね。

単純に考えると残月のない影狼は考慮にも値しないわけですが、なんせ残月はめんどくさいです。やるとしたらおそらく風魔手裏剣と肩セットのASパッシブなわけで、つまりはHPSP両方の調整が必要です。もちろん、ATKMATKの両方が強化されるという利点にもなるわけですが、ちょっとこれはやってられません。と言うわけで分身のある影狼がいいかな、と思うわけです。その分身も消耗品がいるわけですが…。分身よりはるかに強い残月はなにも消耗品がいらないのに、なんで分身だけ…。

影狼の当面の問題はチェネレが使えないことです。いえ、挿せば使えるんですが、灼熱の上衣にチェネレとか、もったいなくて挿せません。まあ風魔手裏剣は基本ASPDが167あるようですから、チェネレがなくてもなんとかなるでしょう。たぶん。せめて俊敏の時空ブーツが使えれば少しは調整が楽だったのですが、それもダメなんですよね。あれは装備制限として三次職となっているので、影狼、朧、リベリオンは装備できません。同様に、ハーモニーやフレイムグローブもダメです。ハーモニーはまだ分からなくもありませんが、フレイムグローブは使わせてほしいですね。なぜか悪霊の糸の手袋はOKだったりします。このあたり、スパノビとほぼ同じと言ってしまっておおむね間違いないと思います。そう言えば、忍の秘伝書なんてのも追加されていました。トンドルがあると影斬りが好きなところから出せる*1らしいので、なにか使い道があるかもしれません。ただ、アクセはASPDアップで埋めないと足りない気もするんですけどね…。

とりあえずそんな感じで、リベリオンと影狼を並行して進める感じになりそうです。イベントは6月14日までのようなので、それまでにはもらえるものはもらっておきたいところです。

*1ローグ系で使うと、届かないときに届くところまで歩いて移動してから発動するという動作になる

2016-05-10 (Tue)

MATKメモ 08:53

MATK精錬にも武器レベル補正が乗るので、直感に反する値になることがあるようです。

ちょっとまとめてみます。

+4ファイアーブランド(6サンダルとゲイン3枚セット)
250
+7ファイアーブランド(6サンダルとゲイン3枚セット)
279
+7レクイエムダガー
208
+7レクイエムソード
292
+4Vナイフ
259
+7Vナイフ
288
+4Vナイフ(6サンダルとゲイン4枚セット)
339
+7Vナイフ(6サンダルとゲイン4枚セット)
368
+4エクスキャリバー
215
+7エクスキャリバー
245

レクイエムソードが強いですね。宝剣にセットでMATKを60加算しても足りません。

それから精錬が予想以上に強いです。ちゃんと認識してなかったのですが、MATK精錬値に武器レベルがかかるのでATKより増えやすいんですね。ざっくり言って、レベル4武器の場合は精錬するごとにMATKが10増える計算となります。

そして、相対的に加算MATKが意外と弱いことも分かります。VナイフはMATK200の武器だと思うとぶっ壊れ武器って感じですが、実際に計算してみるとそこまででもありません。カードなしだとMATK160のレクイエムソードに勝てないのです。もっとも、Vナイフはこの基本性能でS4という点が真骨頂ってやつなんですが。

追記

過剰ボーナス忘れてました…。+7だとランダムですが、最大でさらに42増えるようです。

2016-05-09 (Mon)

[]キャラ育成のコンセプト 08:44

今までなんとなく、全キャラパッシブ型みたいな感じでキャラを作っていたのですが、共通するものがなにか整理してみたいと思います。

列挙するなら、パッシブとそれに付随するバフがメインであること、オートスペルを多用していること、HP自動回復を多用していることでしょうか。

実はこれ、共通の目的があります。それは、敵をクリックするだけで倒せるようにするということです。

そもそもラグナロクの長所の一つは、クリックゲーとも揶揄される簡単な操作だと思います。僕はこの長所が非常に気に入っているので、それを最大限生かしたいと思ったのです。

しかしながら、実際にやろうと思うとこれがなかなか難しいのです。主な課題は、ただ殴るだけだと攻撃力が足りずに敵を倒し切れないことと、ダメージを受けたら回復アイテムを使わなければいけないことです。

敵を倒し切れない問題は、実は新しい問題です。昔から強力なスキルはあったものの 転生二次職の頃はまだ、パッシブでも手数で対抗できるレベルだったからです。これが三次職となると、20倍以上の超高倍率のスキルが続々登場しました。それに合わせて調整されたモンスターを倒すためには、パッシブで延々殴り続けるという戦法が耐え難いほどに弱くなってしまったのです。

この問題を解決するために、オートスペルを導入しました。単に好みというのもありますが、パッシブの場合、STRペナ?を解消した段階で火力としてはほぼ上限に達します。ここからさらにダメージを追加するには魔法しかないわけです。いえ、別に物理でもいいのですが、今のラグナロクには物理ダメージを追加する手段がほとんどありません。ボンゴンのバッシュや大口蛙のインベナムなんてギャグでしょう。もうちょっとまじめにRoFを導入したとしても、BBで吹っ飛ぶという問題は意外と根深い問題です。武器の攻撃射程が増えればいいのですが、槍以外の武器で実装される気配はまったくありません。

また、オートスペルにしても通常のパッシブ狩りにしても、生命線は攻撃速度です。いずれも攻撃速度に比例して火力が上がります。このため、オートスペルの導入はASPD193を維持できる範囲に限られてきます。

次の問題が回復アイテムです。火力の問題は三次職スキル倍率による比較的新しい問題で、みんなのおそらくは最大の関心事でもあるために、解決手段がたくさんあります。それと比べると、回復アイテムを食べればいいというこちらの問題は相対的にやや薄い部分があります。

回復と言えば、三次職実装以降で最大のバランスブレイカーとも思われる吸収装備があります。特にライド帽は古くからあったものですが、範囲攻撃を高速で連打できる回転系スキルの実装で脚光を浴びました。単純な性能差の問題で+9ヴァナルより評価は低いものの、ライド帽は今でも高評価を受ける数少ない旧装備です。

しかしながら、吸収装備はその高評価のためにとにかく高いという問題があります。とてもじゃないけど、パッシブでダラダラ狩るのが至上!なんて態度で買えるものじゃありません。ラグナロクは遊びじゃないのです。

そういうわけでそれ以外です。その中では、実はエクセリオンのC-Lifeが非常に有効です。そのまま使ってもそこそこですが、がんばって+6まで精錬すると回復量が倍になってグッと存在感が出てきます。これだけで、鎧と肩のどちらかがあればバリオで狩れるくらいの回復量にはなるでしょう。囲まれたら死にますが…。

そういうわけで、ただ敵をクリックするだけで戦えるというコンセプトでがんばってみたいと思います。初心者向きだと思うので、この辺の情報が増えるといいと思うのですが。

ついでに、クリックの手間という意味ではアイテム拾いも問題です。これは今のところグリードしか解決手段がありません。なんとか三段ポリン帽を入手して試したいところです。頭の上段が埋まるのはきついですが、個人的に頭はやや優先度は低かったこともあって割り込みやすい状況です。