Hatena::Groupragnarok

Seak's Notes RSSフィード

2013-10-28 (Mon)

ネイガン 19:30

衝動買いしちゃいました。

しかしこれ、買ってから気付いたのですが、意外といい買い物だったかもしれません。

先ほど書いたのですが、特化カードを3枚挿しても実際のところ、40%くらいしかダメージは増えません。で、ネイガンはダブルアタックが25%の確率で出るのだから、増えるダメージは25%です。特化カード2枚分くらいの効果は見込めます。なにより、人間系に5%の追加というおまけもありますが、それより、どんな相手にも25%アップが見込めるのが大きいと思います。

ダメージ計算の比率 18:27

RRになって、ダメージ計算式が変わりました。それに伴ってカードの影響なども変わっています。それで結局のところ、それぞれが全体に与える影響がどの程度なのかが気になりました。というのも、武器ATKの影響が強くなったはずなのに、BSでソドメから2HAに換えてみたりしても、意外とダメージが増えなかったりしているからです。

とにかく、計算式をいくら眺めていてもピンと来ないので、具体的な数字を入れてみました。まだ細かいところがいくつかあるかと思いますが、たぶん大きな影響はないと思いますので、省いています。なお、サンプルはアサシンステータスです。武器はジュルとしています。また、アサシンクリティカルがあるおかげで最大値が出ることが多いので、武器ATKは最大部分を使ってしまいます。ちなみに、DEXは30でLUKは45です。

項目ダメージ比率
STR7019%
DEX部分 (1/5)62%
LUK (1/3)154%
修練308%
武器STR部分8623%
武器ATK部分15040%
武器精練部分185%
合計375100%

修練の影響が小さくなったと聞きますが、8%を占めてるんですね。また、過剰精練の武器がやたらと高いのですが、精練は過剰なしだと5%程度しか影響がないようです。カードを3枚挿したり、属性で1.5倍になったりしてようやく修練と同程度の影響となるみたいです。レベル3やレベル4の武器なら安全圏で25や28ですからもう少し影響が大きいですが、それでもカード属性の補正込みで10%に届くかどうかと言ったところでしょう。

STRは素ステ部分と武器に乗るボーナス部分を合わせて4割と、さすがに影響度合いが大きいです。ちなみにここで言う武器STR部分は武器ATKも武器レベル?も関係ありません。どんな武器でもSTRだけに依存した値が乗っています。素手でも乗ってくれ れば素手でなかなかのダメージが出そうなものですが、残念ながら乗りません。

あと、武器ATKは、ATK125のレベル2武器なので、1.2倍で150です。ちなみにこの部分、2HAならATK185のレベル3武器で1.3倍となり、240になるはずです。やっぱりそれなりに影響力はあるはずなんですよね。

話を簡単にするために、武器部分とそうでない部分でまとめます。

項目ダメージ比率
基本ATK12132%
武器ATK25468%
合計375100%

なんとびっくり、武器ATK以外の部分が3割も占めています。意外と素ステも影響が大きいものです。このため、ダメージ20%アップのカードを3枚挿しても、全体では40%程度しかダメージが増えません。基本ATKは増えないからです。同様に属性も武器ATK部分にしか乗りません。その影響で、念属性のモンスターが相手の場合、属性武器を使ってもかなりダメージが少ないということになります。基本ATK部分は無属性らしいです。

というわけで結論としては、武器の影響はざっくり7割程度で、武器ATKがそこまで影響しないのは、全体に占める武器のダメージが思っているほど大きくないから、と言えそうです。

ちなみに、最小ATKを考慮したり、STRペナルティを考慮したり、武器のサイズ補正を加味したりすると、さらに武器ATK の影響が小さくなります。これらはいずれも、武器ATKを減らす方向に影響するからです。例えば、ローグモンク修練があって基本ATKの底上げがあり、サイズ補正で中型への武器ATKが75%に減ってしまいます。さらに、クリティカルやマキシマイズパワーによる最大ATKへの固定もできません。これでSTRが低めだったりするとSTRペナルティもかかります。そのような状況下では、武器ATKの影響は半分以下になっても不思議はありません。そうなれば、属性相性で1.5倍になる相手にも25%しかダメージが増えないわけです。TBdグラでも2割ちょいしか増えないことになってしまいます。もっとも、サイズ特化であれば、それとは別にATK補正がありますから、その ATK+15の分は増える計算になりますが。

ただ、それが分かったところで、あまり打てる手はないんですよね。STRを上げれば強くなるのは前から分かっていたことですし。あえて言うなら、過剰精錬をしてもたいして変わらないということでしょうか。それだって、お金が有り余っているなら、金がかかる以外のデメリットはないのだからやったっていいわけですよね。

なお、特化カードは武器にかかるので60%の特化でも実際には3割から4割くらいしか増えませんが、チンピラCなどのクリティカルダメージ増加の場合は額面どおりにダメージが増えます。これは、最終ダメージにかかっているから、ということのようです。ただ、DEFの計算よりあとにかかっているようなので、DEFが高い相手にはさっぱりダメージが通りません。チンピラ3枚で、元のクリティカル1.4倍と合わせて約2倍になるはずなのですが、それでもホロンに300出ませんので。

もうちょっといろいろ見えてくるかと思ったのですが、考えてみてもピンと来ないことが分かっちゃいました。計算式がややこしすぎるのかもしれません。