Hatena::Groupragnarok

Seak's Notes RSSフィード

2013-10-21 (Mon)

IE11対応 23:28

前に試したときは動かなかったのですが、動いたという掲示板の投稿を信じて上げてみます。

どうなるでしょうか。

追記

無事に動きました。IE11側が対応したのか、ラグナロク側が対応したのか、どっちか分かりませんがとりあえず動くようですね。プレビュー版のときはダメだったのですが。

チンピラCの性能 17:48

妙に強いと思っていたのですが、「トリプルオーラジュル」でググってみて理由が分かりました。

思い返してみれば確かにそうだったのですが、チンピラって昔はやたら強かった上に数も少なかったんですよね。ちょっとしたボスくらいの扱いだったはずです。だからカードの性能もよかったわけですね。

やっぱりこうやって見てみると、リニューアル後のバランス調整はいい加減ですね。カードDEFMDEFの増減もまったく調整されていないので、なんの効果もなくなっちゃってますし。以前と同じ感覚にしたければ、固定値じゃなくて比率にしちゃえばいいと思うんですけどね。DEF+2じゃなくてDEF+2%って感じです。それでも微妙ではありますが…。

最強職と最強装備 08:33

意外とこのキーワードで検索される方が多いようです。なので、ここで簡潔に答えだけを用意したいと思います。こういうキーワードで検索される場合、経緯や条件などの細かい話にはきっと興味がないと思いますので、その辺は省きます。

最強職

ルーンナイトです。結局、ナイトというのは最強のイメージが強いので、他の職が強くなるとナイトを使う人から非難が挙がって、結局はナイトが最強になるのです。

最強装備

バイオレットフィアー?です。ATK値だけならもっと高い武器もありますが、そういうのはSTRが150必要だったりして無理なので、バイオレットフィアー以上の武器はありません。

アサシンスキル 08:15

ラグナロクにおいて、装備やステ振りと並んで重要なのが、スキルです。ラグナロクではこの三つがキャラメイクの3本柱と言えるでしょう。って言うかまあ、FF5の頃からそうだったとも言えますが。

しかし、残念なことに、アサシンです。実際のところアサシンスキルは、悲しい時代と言われた頃からあまり変わっていません。大きな変化はグリムトゥースの威力が倍になったくらいでしょうか。ベナムスプラッシャー?は、最初と最後を比べるとまるで別物ってくらいは強くなっているのですが。残念ながら取らなかったのでよく分かりません。

ともかく全体的に残念ではあるものの、あるとないとでは全然違います。というわけで、それぞれ考えてみます。

カタール修練

リニューアルでカードが乗らなくなって地味になってしまいましたが、クリティカルの1.4倍などはちゃんと乗るようですし、それなりに重要です。と言うか、他にとるものがないとも言います。

パッシブでもありますし、とりあえずカタールを使うなら10でしょう。

右手、左手修練

クリアサにとっては微妙なスキルです。とりあえず両方とりましたが、クリアサならいらなかったかもしれません。特に左は…。

クローキング

地味な良スキルです。10まで取りました。3以上あると好きなところで姿を消せるという便利なスキルです。際にいると移動速度が上がりますが、よほどの多いところでないと、普段の移動が便利ってほどにはなりません。それでも普通に歩くよりは速いと思いますが。

よほど囲まれていない限り、ピンチの回避にはバックステップより優れています。そんなこと言ってると、プティに混じってるカマキリとか、コンスタントをハイドでかわしたつもりがエリセルに叩き出されるとか、そういう問題が起きるわけですが。後者はクローキングじゃないですね。思い出してみたら、前者もグリムを撃とうとしてた気がするんでハイドですね。考えてみたら、ハイドの方がシビアなシチュエーションで使うんですよね。クローキングスキルをかわせませんし、グリムも撃てないので。

コツは、周りに人がいなければ、ちょっとしたことでもすぐ姿を消すことだと思います。僕はマウスのホイールに割り当てて使っています。 殴られ始めると叩き出されるので、その場合はバックステップからクローキングを使う必要があります。そういう状況というのは普通、ピンチなので、ちょっと練習が必要かもしれません。ちなみにハイドやクローキングと違って、バックステップはどんなボコボコの状態でもキッチリ出ます。使い分けが必要ですね。

ソニックブロー

アサシンスキルが使えないという話になると真っ先に挙がるソニックブローです。これ、マジで使えません。

威力がそもそも足りないという問題もありますが、最大の問題は使い勝手の悪さです。とにかくモーションが長すぎる上に、終わったあともしばらく攻撃できなかったりします。モーションをバッシュと同じにするだけでもずいぶん評価が変わると思います。

グリムトゥース

すでに取ったスキルについて考えても意味がないことに今頃気づきました。それはともかく、ソニックブローと違ってこいつは便利です。範囲攻撃スキルは囲まれて痛いのが問題ですが、こいつはハイドしているのでその問題がありません。もっとも、グリムは範囲が狭いので、ハイドする前にまとめなければなりません。そして、まとめるときに囲まれてしまうとそれっきりハイドできなくなってしまいます。そして大抵はそのまま死にます…。その辺はさすがアサシンです…。バックステップしてから改めてまとめればいいだけなのですが。

ヒットストップの他に移動速度を下げる効果があるそうで、ファンクションキーを押したままクリック連打をしていれば敵はほとんど動きません。威力も悪くありません。もっとも、ちゃんとダメージが上がる裏切り者あたりを使っていると、そんな渋い感じではなく普通に強いです。その意味でクリアサには向かないスキルです。クリアサに範囲攻撃なんて邪道ということでしょう。

エンチャントポイズ

お気に入りのスキルです。付与です。セージの付与と違ってアイテムがいりません。その代わりに、効果が25%となかなか渋いです。あと、他の属性付与と違って、敵を状態にする効果もあります。

使えないわけではないけど強くもないという他の多くのスキルと同様、エンチャントポイズンも自分から使っていく工夫が必要です。それが嫌なら、たぶん使わなくてもいいと思います。結局のところ、25%のダメージアップと付与だけなら、なくてもなんとでもなりますので。ただ、安全圏の精錬武器を過剰精錬に交換するより遙かに効果が大きいのも事実です。そのあたりをどう評価するかですね。

また、デメリットもあります。エンチャントポイズンに限ったことではありませんが、アサシンには使えるスキルが少ないことから、「だったらスキルなんてなくていいや」という割り切りが可能です。そうすると、90%まで回復アイテムを積み込むことができ、滞在時間が大幅に伸びます。また、おいしい魚などの高価な回復アイテムをやめてミルクですませるという判断も可能になります。この程度のメリットは、他の職ではスキルを封印するほどのメリットにはなり得ないのですが、アサシンなら釣り合ってしまうわけです。それで他職と張り合えるわけなので、スキルが使えないというより、基本性能とパッシブが優秀と言ってもいいのかもしれません。エンチャントポイズンを修得するとそういう選択ができなくなるというわけではないので、気分次第で好きな方を選べばそれでいいとは思います。

スキルまとめ

というわけであと2ポイント残っています。今のところ、エンチャントポイズンを伸ばすかなあ、などと思っています。

アサシンには他にもスキルがあるのですが、あまり印象に残っていません。ベナムダストあたりは、きちんと使えば相当優秀なスキルらしいのですが。ベナムダストを伸ばせば2回化させて結構なHPを削れるみたいなんですよね。