Hatena::Groupragnarok

Seak's Notes RSSフィード

2010-08-13 (Fri)

リニューアルの全体的な傾向 21:47

計算式を眺めたりした感想です。

全体的に、ステータスが高いときの効果が薄れています。

ATKにおけるSTRが分かりやすいのですが、R前は、計算式のあちこちに2乗の計算が含まれていて、ステータスが高くなったときにかなり上昇幅が大きくなるようになっていました。

それが、R後はASPD詠唱速度の式には2乗どころか平方根(つまり1/2乗)が導入され、DEFは逆比例となるなど、ステータスを大きく振ったときに効果が薄れるようになっています。このため、少しステータスを振ったときにはかなりの効果が見込めるにもかかわらず、それ以降は効果が薄いという状況になっています。

このため、以前は極振りが基本とされていましたが、この考え方自体が再考を迫られています。全ステータスに均等に振り分ける6点フラットすら、ネタとまでは言い切れなくなりました。じゃあ強いかと言われると、何とも言えませんが。