Hatena::Groupragnarok

Seak's Notes RSSフィード

2010-08-13 (Fri)

リニューアルの全体的な傾向 21:47

計算式を眺めたりした感想です。

全体的に、ステータスが高いときの効果が薄れています。

ATKにおけるSTRが分かりやすいのですが、R前は、計算式のあちこちに2乗の計算が含まれていて、ステータスが高くなったときにかなり上昇幅が大きくなるようになっていました。

それが、R後はASPD詠唱速度の式には2乗どころか平方根(つまり1/2乗)が導入され、DEFは逆比例となるなど、ステータスを大きく振ったときに効果が薄れるようになっています。このため、少しステータスを振ったときにはかなりの効果が見込めるにもかかわらず、それ以降は効果が薄いという状況になっています。

このため、以前は極振りが基本とされていましたが、この考え方自体が再考を迫られています。全ステータスに均等に振り分ける6点フラットすら、ネタとまでは言い切れなくなりました。じゃあ強いかと言われると、何とも言えませんが。

アークビショップ 20:16

ハイプリがレベル90を越えたので、そろそろ三次職について調べてみようかと思います。

まずは、どんなキャラにするかが問題です。

アクビにはデュプレライトがあるので、INT型でもそれなりに殴れるという長所があります。このため、支援をしながら殴るというのがかなり現実的なのです。ただし、デュプレライトはレベル10まであるので、三次職支援スキルはかなり制約を受けることになります。

あと、僕はプリでGvに行ってエンペを叩くことがあるのですが、アクビになると、素手の基本ASPDが166から149まで一気に落ちます。ここまで落ち込むと、おそらくソロを落とすことはできないでしょう。もしかしたら、かなり重大な問題点なのかもしれません。

とりあえず、以下のような感じで考えてみました。

三次職のジョブレベルは、現実的に28としています。

範囲ブレスのクレメンティアと範囲IAのカントキャンディダスは、レベル1では周囲3セルにしか届かないし、効果時間が半減してしまうので、もうちょっと伸ばしてもいいのかもしれません。ただ、大人数のPTをやるかと考えると微妙ではあります。