Hatena::Groupragnarok

Seak's Notes RSSフィード

2007-04-10 (Tue)

GD3

ASPDの秘密 21:49

秘密ってほどでもないのですが、気になるページがあったもので…。

だいぶ古参のROレイヤーも減ってきましたし、こういうトリビアっぽい記事でも書いていくことにしましょうか。

さて、NOT_FOUND 404という記事があり、そこにつまり、第一ASPDが高いほど第二ASPD(増分)は少なくるわけですと記されています。

しかしながら、実はこの説明は誤っています。なぜなら、ASPD加速度的に増えていくからです。

例えば、ASPD150のときに集中POT?を飲むとASPDが155になります。一方、160の場合は164にしかならず、170の場合は173、180の場合は182までしか上がりません。しかしこれは、ASPDが高いほど効果が小さいということではありません。間違っているのはASPDの数値の方です。

集中POTの効果は、常に攻撃ディレイを10%減少させるというものです。一方、ASPDの数値は、200から攻撃ディレイを引いた差分なのです。つまり、理論上はASPD200で攻撃速度は無限大に達するのです。なぜこのような直感的でない数値を用いたのかは、よく分かりません。ROは全体的に、レベルが上がるほど1ポイントの価値が上がるようなシステムになっています。ASPDの扱いも、その一環なのかもしれません。

実際の攻撃速度は、おおよそ以下の通りです。

ASPD速度[回/分]
15060
15566
16075
16585
170100
175120
180150
185200
190300

見ての通り、170あたりから加速度的に増えているのが見て取れるでしょう。

ひっくり返してみた方がいいでしょう。

速度[回/分]ASPD
40125
60150
80163
100170
120175
140179
160182
180184
200185
220187
240188
260189
280189
300190

見ての通り、ASPD125から150の差と、ASPD170と175との差は等価です。

この他に、ASPD160と180では倍の差があること、170と185でも倍の差があるということも言えます。

ASPDが上がれば上がるほど、わずかな差が大きな違いとなるのです。

ここで重要なのは、AGIDEXによるASPD上昇は、常に一定であるということです。ASPDが上がれば上がるほど1ポイントの価値が上がっていくわけですから、ASPDが高ければ、わずかなAGIの上昇が大きな効果をもたらすことになるのです。