Hatena::Groupragnarok

Seak's Notes RSSフィード

2007-03-31 (Sat)

蜃気楼の塔における感想 18:38

2回目に行ってきました。

まず、一番強く思ったことは、新PCはすばらしい!ということです。

みんなが「重くてチャットもできない」などと言っている中、僕はまるで重さを感じずにスムーズにプレイできました。ROが重いのはプログラムの問題で、どれほどいいPCを使っても解決できないと思っていましたが、これほどまでに変わるものなのですね。予想以上の変化で驚きです。

ちなみに蜃気楼自体は、なかなかいい感じで楽しめました。ただ、ラグで要になる人が死んだりすると、やはり悲しいですね。そして、殴りアコじゃやっぱり役に立ちません。アコセット支援に徹していましたが、むしろ鈍器を持って行って殴った方がいいのでしょうか。

とりあえず、1-60のレベル帯は、前衛プリWizが要ですね。普通のPTと違うのは、騎士よりもクルセの方がいいということです。

もともとクルセより騎士がいいのは、クルセの防御力が過剰で、騎士の防御力で十分すぎるということが理由だったのですよね。しかし、生体でもそうですが、相対的に相手のレベルが高くなると、このあたりの差が如実に表れてきます。騎士では耐えられないが、クルセなら耐えられるという状況が確実にあります。したがって、少なくとも1-60では前衛はクルセがいいようです。プリWizが重要な理由は、普段のPTと同じです。ただ、敵の数が圧倒的に多いため、相対的に弓手が頼りにならないというのもあります。

鍵は、プリWiz、クルセの3人を、いかに生きたまま上層に運ぶかというところでしょう。プリとクルセは、普通にやっていれば死なないはずなので、残るはWizですね。ちなみに、このレベル帯ではまず期待できませんが、ブラギバードがいるなら、バードもやはり鍵となりうるでしょう。

その点、アコはやっぱり役に立ちません。プリが同じPTにいてマニピをしてくれなければ、支援すらまともにできませんので。これがハイプリになれば、確実にプリを上回る鍵になれるのですが。おそらく、殴りハイプリであっても、素プリを上回る貢献ができるのではないでしょうか。何と言ってもアスムは偉大でしょう。それに、足りないSPは回復剤を叩けばいいだけの話ですし。