Hatena::Groupragnarok

Seak's Notes RSSフィード

2007-02-10 (Sat)

下水3

支援殴り 01:34

それぞれについて、必要なスキルを考えてみます。

支援

絶対必要なスキル
あれば明らかに効果的なスキル
支援ならば持っていると期待されるスキル


なんか思ったより時間がかかりそうなので、やっぱりやめて寝ます。

今日も 12:26

ゴキを狩っています。レベル30過ぎくらいからこもっていましたが、さすがにベースが46ともなるとゴキは楽勝ですね。今後の葉猫なども見据えつつ、AGIを抑えてDEXを上げていますが、それでも余裕です。

さて、いろいろ考えていたのですが、本格的にポイントが足りなくなってきました。冷静に考えて、やはりニューマセットは切りがたいものがあります。しかし、メディタ10がなければ、殴りプリ支援はできませんから、やはりこのあたりも捨てがたいものがあります。しかも、素プリの頃と同じではつまらないので、そうなるとアクセントとしてはぜひサンクが欲しいのです。さらに、殴りプリなら欠かせないスキルとして、MMDBがあります。そうなってくると、これはもうアスムを切るしかないのか、という感じになってくるのです。

どうしましょうかねえ。

接続障害 09:57

僕はまったく問題ないのですが…。

いったいどういう条件で起こっているのでしょうね。操作が速すぎて追いつかなくなると落ちるのでしょうか。もしそうなら、ASPDが161しかないアコが落ちないのも納得できます。

みねみね2007/02/10 15:57正直なところポタ/ニューマについては、「あれば便利」の域を出ません。
ニューマについては、キリエで代用できてしまいますし、ハイプリならアスムとヒールでごり押しも可能かと。
ポタもなければ「不便」ではありますが、「なければないでどうにでもなる」スキルです。
アスムを切るのは、せっかくのハイプリの意義が薄れるのかなと思いますけど・・・。
MMを切って、本殴りというのはどうでしょうかw

secseeksecseek2007/02/11 01:46ポタは確かに「あれば便利」なスキルですが、「あればすごく便利」なスキル、とも言えます。
一方、アスムなんぞなくてもプリとしてやってこられたわけで、必要性はあまりありません。「なければないでどうにでもなるスキル」の筆頭と言ってもいいでしょう。なんせ、素プリは誰一人としてアスムなど持っていないのですから。
特に殴りの場合、そもそもアスムを使いこなすのに必要なDEXとSP回復力を備えていません。
言うなればこれは、モンクやクルセにとってのヒールに近いと言えます。つまり、十分に有効ではあるものの、本職が使うのと比べると明らかに劣る、ということです。
ポタやニューマに関しては、そのような問題はありません。支援だろうが殴りだろうが、きちんと期待した効果を発揮します。
また、ポタがあればPTを組んで狩りに行ける場合でも、ポタがないからやめようということは頻繁にあります。すなわち、ポタがないことによって機会を損失しているわけです。
一方、アスムの場合、アスムがないことによって生体3やタナトス上層へ行く機会を失います。しかしながら、このようなダンジョンはそもそも殴りプリのような中途半端なキャラが行ける場所ではありません。したがって問題とはならないと言えるでしょう。

僕にとっての廃プリの意義は、メディタによるステの自由度にあります。
すなわち、極INTでなければ成り立たなかった支援が低INTでも可能になり、それによってソロも可能な支援プリが作れるということです。

ただ、それを言えばMMもまた、なくても効率が低下するだけで、大きな問題はないスキルです。
MMを切ってアスムを取るのは、一つの選択肢と言えそうです。

それにしても、トレイン狩りをしないし、したくもない僕にとって、アスムってのは使いどころの分からないスキルではあります

通りすがり通りすがり2007/02/11 09:31アスムは掛かっている間受けるダメージが減る分、他のことに集中できるのが長所のスキルです。

真剣にトレイン狩りするのでしたら、キリエ連打で突き進む+モンハウ絶好調でアスム1(でSG)がハイプリでもデフォだと思います。

みねみね2007/02/11 13:44通りすがりの方も言っていますが、ダメージを減らすのが最大の目的です。
殴りプリの弱点はHPが低いことですが、アスムを使うことによって、一撃死の危険性すら回避することができます。

なにせ、1kのダメが500になるのです。そりゃあ深淵とも戦えるというものです。

secseeksecseek2007/02/12 13:56確かにその通りですね。
ダメージを半減させる魔法である以上、その最大の利点はダメージが半減することでしょう。

ではそれがどれだけ優れているかと考えた場合、例えばマニピのように、絶対必携のものではないのではないか、と考えられるのです。
なぜなら、プリーストにはヒールがあり、ダメージを受けても回復することができるからです。
だからこそ、アスムは廃プリではなくパラに持たせるべきだったと思うのですよね。言っても意味のないことですが。
深淵と戦えるのは魅力ですが、逆に言えば、ROの広いマップの中で、どうしてもアスムが必要なのは深淵戦のみとも言えます。
それ以外の場面では、あれば嬉しいけどなくてもいい、としか言えないのです。

これはアスムに限らず、補助系の魔法全般に言えることでしょう。
攻撃補助ならともかく、防御補助はあってもまったく殲滅に寄与しないのです。
したがって、なくても戦えるなら、なくても構わないという話になります。
だからこそ、防御補助の効果ははっきりとすべきだと思うのです。
その意味でアスムはバランスの取れたスキルとも言えますが、それでも防御補助であることには変わりありませんから、なくても戦える敵に対しては、あえて使わなくてもよいことになります。

なお、MM、DB、塩、IM等の攻撃補助については、なくても戦える場合においても、戦闘時間が減少するという大きな効果がありますから、アスムの場合とはまったく違ってきます。

ちなみに「他のこと」なのですが、殴りプリって最初から最後まで殴るだけだと思うのですが…。
他にすることってあるのでしょうか。
それこそ深淵戦ならともかく、普通の狩りで戦闘中に頻繁にヒールするようじゃ、狩場の選択を誤っているとしか言えませんし

通りすがり通りすがり2007/02/17 12:42激しく亀でスミマセン

他のこと…基礎支援のかけ直し、LD、闇ブレス、辻支援、PT、ギルチャ、リカバ…色々ありますよ

アスムで出来た余裕をどういう風に生かすかが、ハイプリの醍醐味だと思います。生死の境目が遠い分、いろんな事が出来ます

が、アスム無しでハイプリを突き進むのも貴方なりの醍醐味になると思います。頑張ってください。

secseeksecseek2007/02/17 13:11ギルチャやPTチャットとセルフリカバリーはともかく、他のことって、戦闘中にやっていてはそもそもまずいのでは…?

とりあえず、いろいろなスキルをアスムと天秤にかけてみた結果、MMにはアスムを切るほどの価値がないと判断して切ることにしました。
つまり、DB10でMMが0です。

ただ、そうなると不死悪魔以外の敵に対してひどく弱くなってしまうし、やっぱりまだ悩みどころではあります。
単に狩場のランクを落とせばいいだけじゃないかとも思うのですよね。
アスムとMM、効率的には明らかにMMの方が寄与するでしょうし