Hatena::Groupragnarok

Seak's Notes RSSフィード

2006-09-27 (Wed)

アクセス解析 22:56

どうもアクセスの履歴を見ると、GvGレポートを見に来てくださっている方は、月曜日が圧倒的に多いようです。

なんとか早めに更新するようにしますかね…。

[]9月24日GvGレポート 22:50

久し振りにGvGに参戦しました。

結局、火曜日はLisaへは行かず、ずっとメッセンジャーでしゃべっていました。

ちょっと前に書いたばかりですが、このレポートの目的は、Lisaギルドメンバーへの活動報告です。僕はギルドマスターであるにもかかわらず、日曜日のこの時間、Saraへ行って遊んでいるわけで、その間何をやっているのか、報告する必要があると思って始めたのです。

ってことはつまり、その場に居合わせた同盟名とか、特に必要ないってことなのかもしれません。Lisaのギルメンにとっては、そんなの興味がないし、どうせ分からないでしょうから。

所属同盟
SFC同盟
所属ギルド
-きゃらめるぼっくす-
所属PT
ケミPT
確保予定
-きゃらめるぼっくす-(?)
総指揮
-きゃらめるぼっくす-
参加キャラ
プリースト

確保予定については、もともと侍さんが取るという話になっていたようです。

ただ、そのあたりの経緯がはっきりせず、結果として侍さんに譲ってもらう形で-きゃらめるぼっくす-が確保予定ということになりました。

まあ、今週は反省会に出席していませんが、間違いなく反省点として挙がっていることでしょう。

作戦

今週は比較的大雑把な作戦でした。

序盤、Bから攻め回り、以降はそのときの様子を見つつというものでした。

どうやら、最近はBを視野に入れつつ動いているようです。特に同盟として戦力が上がったわけでもないのですが、やはりBでの勝利は格別のものがあるのでしょう。

ところで、これまで1年以上GvGレポートを書いてきたわけですが、なぜ他のレポート書きのみなさんが同盟の記念撮影のスクリーンショットを載せるのか、全然分かっていませんでした。そして、ついに板を見て、その理由を知ったのです。

そう、集合したスクリーンショットがあれば、同盟の人数を数えられるのです!なーんてこっちゃ!そうだったのか!

というわけで、今後、なるべく載せていこうと思います。

ただし、きゃらめるぼっくすには記念撮影が嫌いな人がやたらと多いです。たぶん、3分の2くらいの人は、記念撮影の前に帰っています。なので、同盟の規模の推定には使えないかもしれません。

他の同盟で記念撮影が嫌いだなんて話は全然聞かないのですが、なぜきゃらめるぼっくすだけが、そんなに嫌いなのでしょう。

序盤 Britoniah 2

序盤と言っても、またもや食事をしていたので、20時20分頃です。このとき、SFC同盟はB2にいました。

f:id:secseek:20060927211311j:image

前々からブログを読ませていただいていてファンだったので、思わずからんでしまいました。いやあ、世の中、からみやすい人ってのはいるものですね。ただ、レポートは読みやすいしイラストはうまいし、LP返しもかなりうまいらしいです。

ともかく攻めようと思ったのですが、あまりに混雑していて、全然攻められませんでした。おそらく120人くらいはいたと思います。SFC同盟の他に珍味同盟*1さん、おでん缶同盟さんがいたようです。

ただ、B2のエンペ部屋前は道が狭く、なかなかまとまって突っ込むことができませんでした。エンペ部屋だけでなく、このエンペ部屋前の構造も、B2の硬さの一因なのかもしれません。

結局、20分ほどずっとエンペ部屋前で待ってから、突入しました。しかし、その頃にはすでにおでん缶同盟さんが姿を消しており、SFC同盟と珍味同盟さんだけでは、どうにも手に負えない硬さでした。せめて3同盟が同時に突っ込めればまた少しは崩せたと思うのですが…。そうやって、どうにかまとまって突っ込めないものでしょうか。

中盤 Britoniah 4

もうどうしようもないとの判断があったようで、B2を離れ、B4へ向かいました。街道さんのレポートに、「SFC同盟ではBは無理だ」というような記述がありました。それは自分たちでも重々承知なのですが、それでもなぜBへ行くのかと言えば、それはもう、ADがあるからとしか言えないのでしょう。

さて、そのB4なのですが、どうやらレースだったようです。何度か割られましたが、タイミングを見計らって遅延防衛に持ち込むことができました。

それはよかったのですが、その時点でまだ21時ちょうどくらいでした。SFC同盟の規模でBを守るには、少々早すぎる時間でした。

指揮の人もそれは十二分に分かっていたようですが、だからと言って放棄するわけにもいかず、そのまま守り続けることにしたようです。

f:id:secseek:20060927214435j:image

こんな感じの防衛でした。SFC同盟は、人数はそこまで少ないわけでもないのですが、とにかく基礎的な戦力が足りません。最近は騎士がやや増えてきているものの、Wizは相変わらず絶望的なほど手が足りません。プリも、一つのPTに一人いればいい方と言った印象です。

ただ、逆に言えば、それだけ特化職が多いということでもあります。なんせ、Wizの半分くらいの数の阿修羅がいますので。もう少しバランスを取るようにすれば、同じ人数でもグッと戦力が向上するような気がします。

ただし、その具体的な手立ては僕にはどうもよく分かりません。以前は、単純に特化職を減らして騎士プリWizを増員すればいいのではないかと思っていました。しかし、特化職をやっている人はいずれもGvGに対してモチベーションが高く、それゆえに育成困難な特化職をやっているという人ばかりです。ではそうでない人はどうかと言えば、それほどまでに、RO自体をやり込んでいない人と言えます。それはそれで、やはり一つのキャラを実戦レベルまで上げるのは難しいと言わざるを得ないでしょう。プリはまだそうでもありませんが、騎士Wizは、レベル90くらいはないと、何かと不満を感じてしまいます。

やはりここは、強力なリーダーシップで理想の職構成を示し、各ギルドがその理想へ向けて協力していくのがいいのでしょう。ただし、そんなリーダーがいれば初めから苦労などしないわけで、なんとも難しい問題だと言えます。

こういう問題は、言い出しっぺが何とかしろという話によくなりますが、僕はそもそも、普段はSaraにいないので、リーダーにはなれません。いたとしても、リーダーとしての資質と実力は足りないと思いますが。

リーダーは、実は気の弱い人の方が向いているそうです。その点で、僕はとても適任とは言えません。ブログに好き放題書いて、「気に入らないなら来るな」とか平気で書いていますし…。

終盤 Britoniah 4

そのまま、21時30分くらいまでは、攻め手が現れませんでした。

しかし、35分頃になると、岩男同盟*2さんが現れました。まあ、かなり控えめに見ても、格上であることは間違いありませんね。

そんなわけで。

f:id:secseek:20060927223115j:image

こうなって。

f:id:secseek:20060927223253j:image

こうなって。

f:id:secseek:20060927223351j:image

パパイヤ鈴木らしき物体に占拠されました。そして、遅延解除しました。

しかしまあ、それでもどうしようもなく、結局あっさり撤退することになりました。

…あれ?いや、このスクリーンショットは、遅延解除後のものかもしれません。

Luina 5 街道連合派遣)さん防衛

最後はL5へ向かいました。防衛していたのは15名ほどの派遣部隊だったそうです。そして、攻め手には攻めに定評のあるアトラス同盟さんもいました。

しかし、それでも攻め落とすことはできませんでした。さすがは重力防衛、どうにも手の出しようがありません。もっとも、50分過ぎから攻めるのでは、まともに攻めてもかなり厳しいのですが…。

というわけで、今週のSFC同盟は宿無しです。

感想

どうしようもないと思っていたのですが、しばらくサボっていた間に、SFC同盟はずいぶんBを積極的に狙うようになったようです。意外と行けるものですね。

まともに上位同盟と戦ったら、確かにかなり勝ち目は薄いと言えます。しかし、Bへ行ったら絶対強い同盟と戦うことになるとは言えません。運がよければそのまま取れることもあるわけです。実際、そうやってBを取った週だってありますし。これからも、積極的に挑戦していけると楽しいですね。

そうなってくると、重要なのは運とタイコントロールでしょうか。要は、終盤に強い同盟に目を付けられなければいいわけなので、なるべく遅い時間にかすめ取るのが理想と言えます。しかし、現状のSFC同盟では、かなり勝てる相手が限られてきます。だから、このあたりは運としか言えませんね。ただ、経験を積まないことには勝てる相手にも勝てないとも言えるので、そのあたりは前半戦をうまく活用して、経験を積んでいきたいところです。

あと、もう一つ重要だと思ったのが、石にかじりついてでもEmCを使うことです。今回は、ギルドマスターが死んでしまったり鯖缶されたりで、3ギルドとも1回しかEmCを使うことなく落とされてしまいました。これがEmCを何度も使えたなら、例え格上が相手でも、相当の時間粘れると思います。防衛ラインなんていくら崩されようとも、とにかくエンペさえ割られなければいいわけです。その場合、前衛は邪魔すればいいし、後衛はぶっ殺せばいいわけです。いくら格上が相手でも、相手が前衛だけなら殺されてしまうことはないでしょう。

崩されて撤退する前に、なんとかエンペ周りの混戦に持ち込み、ギルドマスターだけはなんとしてでも生き残り、ラスト10分をしのぎ切れればいいと思います。

ひどい戦術ですが、まあ、格下のゲリラ戦術と言ったところでしょうか。

*1:Innocent Sinさん、紙一重さん、Innocent Spectatorさんの3ギルド同盟です。ちなみに、Innocent Sinとは「無垢な罪」の意で、ペルソナ2というゲームのサブタイトルだったようです。そしてInnocent Spectatorとは「傍観者」の意味のようです。

*2:†Rebellion†さん、クロノスさん、Magical Lamplightさん、Clair De Luneさんの同盟