Hatena::Groupragnarok

Seak's Notes RSSフィード

2006-07-09 (Sun)

テコンキッド 14:01

テコンキッズでしたっけ?まあ、どっちか知りませんが。モンクを消して、ちょっとやり始めてみました。

それでやってみたんですが、予想以上におもしろいのです。正直言って蹴りの方にはあまり期待していなくて、ソウルリンカーにしか興味はなかったのですが。

まず、何よりも驚いたのは、その強さです。武器が装備できないので与えられるダメージはそこそこですが、それでも修練の+100という圧倒的な多さと、素手の高いASPDがあるのできわめて殲滅が速いのです。シーフを通り越して、一次職では一番強いのではないでしょうか。特に武器を用意しなくてもいいという点がきわめて優れています。

ところで、ちょっと分かりづらいスキルについて、解説でもしてみたいと思います。

タイリギ

駆け足と訳されています。こいつには三つの効果があるので、真面目にやるなら必ず10まで取るべきだと言われているようです。

一つ目は、アクティブスキルとして使ったときに、向いている方向に向かって150%くらいの速さで突っ走ります。

二つ目は、パッシブの効果でスキルレベル*10の修練の効果があります。一番高いペコの槍修練でも+50ですから、それと比べてかなり圧倒的な修練という印象です。

三つ目は、アクティブスキルとして使った直後、もう一度使用したときにスパート状態になるというものです。だいたい、5セル以内で止まれば発動するようです。で、150秒持続するらしいですが、このスパート状態になっていると、なんとSTRが10上がります。素手でないと発動しないとは言え、かなりの効果です。

蹴りスキル

構えを準備しておくと、オートスペルのように、確率で構えが発動します。ここで勘違いしていたのですが、すべての構えを併用可能なようです。構えは四つあり、アプチャオルリギの構えが20%、他は15%で発動します。四つとも併用できるわけで、全部使えば、2、3回殴っただけでもどれかの構えは出るでしょう。僕はまだトルリョチャギの構えとフェオリチャギの構えしか覚えていませんが、二つだけでもかなりの発動率です。

構えが発動したら、あとはモンクコンボと同じ要領です。ショートカットキーを押せば、そのときターゲットしていた対象にスキルが発動します。ここで、モンクコンボと同じように、発動させるときにクリックしてターゲットを変えてからショートカットキーを押せば、そばにいれば、近くにいる他の対象にもスキルを発動可能です。モンクコンボと違って受付時間がかなり長いので、ゆっくりターゲットを切り替えてから撃っても間に合います。かなり長いと言うか、無限かもしれません。一度構えを取ったら、何も操作しないと延々構え続けていますし。少なくとも3秒はあるはずです。

ちなみに、複数の構えを併用した場合、構えに対応したスキルを使う必要があります。フェオリチャギの構えが発動したならフェオリチャギを撃つ必要がありますし、トルリョチャギの構えが発動したなら、トルリョチャギを撃つ必要があります。二つでもかなり混乱します。四つとも使ったなら、四つの構えが乱れ飛ぶことになるわけで、瞬時にそれを見分けて撃ち分けるにはかなりの慣れが必要ではないかと思います。まあ、先ほども書いたとおり、受付時間は長いので、見てからゆっくり押しても間に合うことは間に合うのですが。

なお、ティオアプチャギだけちょっと特殊です。構えていなくても発動可能なスキルなのです。ただ、威力が最大100%で消費10と、使い勝手はそれほどよくありませんが。ただし、このスキルは特殊な発動条件が二つあり、その条件を満たせば威力が向上するようです。

で、その条件とは、タイリギ使用中と、落法発動中です。

タイリギはまあ、分かるのではないでしょうか。走ってる最中に跳び蹴りかませば強いぜって話です。さらに、スパート状態だとさらに威力が上がるようです。150秒も持続するんだから、だったら常時スパート状態でいいじゃないかと思われそうですが、武器を装備しているとスパート状態にはなれません。つまり、この条件は拳聖になると満たしづらくなると思われます。

もう一つの落法なのですが、これは遠距離攻撃の回避スキルです。オートガードなんかと同じようなものですね。オートガードと同様、自分の回避判定のあとに処理が行われているようで、95%回避を達成していたりすると全然出ません。なお、スパート状態であれば遠距離攻撃でなくても発動します。発動確率は20%なのですが、囲まれたときなど、地味にダメージが減ってくれます。それで、この落法で回避した瞬間にティオアプチャギを放つと、威力が向上するようです。ただ、近距離で跳び蹴りかましてもあんまり意味はないわけで、これは遠距離攻撃に対する反撃用なのでしょう。ROは遠距離攻撃を食らうとすぐ座標ズレしますから、そんなときに一発で飛びつけるのはなかなか魅力的です。

testa_kitchentesta_kitchen2006/07/10 21:57 わかりやすい解説ありがとうございました
 テコン、スペック(というか、公式の解説)だけ見ると使用感覚が非常にわかりにくいんですがこういう実際のプレイレポートで解説していただくといろんな意味で楽しそうな職みたいですね!
 ただ解説見ると武器が装備できない/装備できるようになるとデメリットも増える…みたいな感じなのでゲーム後半の、カードによる倍率アップ前提の多色から比べるとかな~~~~~りしんどくなりそうな予感です;;;;;
.
 う~む、よそのさばにつくtt

secseeksecseek2006/07/11 01:01STR+10とかかなりぶっ飛んだ特典がついているので、なくなってしまうのは仕方ないのではないでしょうか。+100の修練は残るようですから、それだけでもかなりの強さと言えます。
落法の回避対象が遠距離攻撃のみになってしまうのは寂しいですが、最初以外はまったくSPを消費せずに、ディレイもなく発動できるオートガードみたいなものですから、やっぱりしょうがない部分があるのではないでしょうか。
何と言うか、基本性能があり得ないほど高いので、やってみないと分からない部分が多いですよ。ベースレベル45でASPD177とか、他の職じゃあり得ないわけで…。
確率発動という欠点はあるものの、バッシュ並みの攻撃スキルの消費SPがわずか2というのは非常に魅力的だと思います。しかも、触媒なしで地水火風念闇聖の属性付与が可能ですから、多少の欠点は属性付与が補ってくれるでしょう。消費SP50はじゃっかんきついですけどね。
ここで属性付与の話が出てきていないのは、僕が属性付与を取っていないからです。蹴りスキルなんかより属性付与の方が強いのは自明なので、蹴りよりも属性付与を取る人が多いようです