Hatena::Groupragnarok

Seak's Notes RSSフィード

2006-05-28 (Sun)

オットー

明らかになったホムンクルスの特徴 03:33

以前にも書きましたが、実装から時間が経ち、各種のホムンクルスを高レベルまで上げた人が現れたことで、それぞれのホムンクルスの特徴が見えてきたようです。そこで、ここにまとめてみます。

フィーリル

やっぱり物理攻撃最強のホムンクルスでした。2次職の中で最弱のケミと一緒に行動していることもあり、その強さは目を見張ります。レベル60くらいから頭角を現し始め、70を超える頃には、ついにケミ特化武器ダメージを越えるほどの攻撃を放つようになります。囲まれても減少しないFleeもすばらしく、まさに主人より強いという表現がふさわしいと言えるでしょう。

一応、単体への物理攻撃しかないので、物理攻撃の効きにくい相手が苦手という欠点はあります。あとはHPの低さでしょうか。よく避けますが、当たってしまうとあっさり死にます。

バニルミルト 梅ゼリー

以前、どのステータスも2番手の、変だけど特徴のないホムンクルスだと書きました。しかし実際には、すべてのステータスが全ホムンクルスの中で最も高く、まさに最強の名がふさわしいホムンクルスであることが徐々に明らかになってきました。

すべてのステータスが、1レベルにつき1ポイントずつという猛烈な勢いで上がっていきます。装備がないという欠点も、これだけステータスが高いと、それほど気にならなくなってきます。攻撃力が高い上に、高い魔法攻撃力でボルトを放つことができます。属性は選べませんが、単独で戦うわけではなく、ケミの補助として見れば十分と言えるでしょう。

HPが高い上に回避も高いので、さまざまな攻撃をよく耐えます。欠点は、回復スキルで自分を回復するというのが未実装ということでしょうか。

アミストル 羊

以前、耐久力は高いと書きました。しかし実際には、VITがバニルミルトの方が高くなるため、基本ステータスではバニルミルトに劣るということになってしまいました。スキルによって若干上がるものの、それでもバニルミルトと比べ、大きな差はありません。

そして、唯一の利点であるHPDEFがバニルミルトとほぼ同じであるにもかかわらず、INTDEXなど、その他のステータスはかなり低めになっています。STRもまあまあ上がりますが、それでも物理攻撃スキルがないため、頼れるほどではありません。

要するに、HPだけバニルミルトとほぼ同じで、あとはすべてバニルミルトに劣るという、劣化バニルミルトと思っておいてほぼ間違いないでしょう。

進化実装後、新スキルが実装予定なのですが、アミストルの新スキルだけ、親密度の減少がなく、SP消費だけで使用可能という利点があるにはあります。ただ、デメリットが少ないということは、それだけ効果も乏しいわけで…。攻撃力が50%上がり、ときどき敵のHPを吸収するようになるようですが…。だからどうしたという感じですね…。

リーフ 青菜

攻撃力が低く、レベル上げが困難を極めます。また、回復スキルにレッドスリムポーションが必要なので、実用に堪えません。

その結果、緊急回避を使用するためだけのホムになるしかないでしょう。ただ、緊急回避は最大で50%も移動速度が上昇するので、歩き回るにはかなり便利です。

INTが高いのですが、魔法攻撃を何一つ持っていないので、意味がありません。

進化実装後は、HPSPATKMATKを入れ替えるメンタルチェンジというスキルが実装予定らしいです。こうなるとその高いINTを生かすことができるようになるでしょう。メンタルチェンジ実行前にINTに60加算されると言われ、かなり高い威力の通常攻撃を放つようになるようです。このため、進化実装後はフィーリルやバニルミルトを越えるほどの最強ホムになるかもしれないと言われています。