Hatena::Groupragnarok

Seak's Notes RSSフィード

2006-05-17 (Wed)

アインブロックフィールド

[]5月14日GvGレポート 21:35

水曜日になってしまいましたが、清書版のレポートを書きたいと思います。と言っても、内容としては簡易版とたいして変わらんとは思いますが…。

所属同盟
百合同盟
所属ギルド
-きゃらめるぼっくす-
所属PT
阿修羅PT
参加キャラ
プリースト
総指揮
-きゃらめるぼっくす-
確保予定
灼熱の百合

結果的に、V3を-きゃらめるぼっくす-で確保してしまいました。まあ、確保できただけいいとしましょう。

作戦

ここんところLisaの方に必死で、ずっと作戦会議には出席していません。しかし今週は、わざわざIRCで教えてもらえたので、簡単な内容は事前に知ることができました。

まず、ギルド単位でアンフロの貸与をしていたようです。確か、当日になって、貸与分が足りないって話を聞いたような気がしますが…。5着とか用意してたはずなのに、それでも足りなかったんですね。

それから、先週からメンバー管理用のデータベースを導入したので、そいつへの登録をお願いしますって話があったようです。

あとは、VIT騎士が足りないって話があったようですね。

そして肝心なGvの方針ですが、どうやらV3に粘着するという予定だったようです。

Valkyrie Realms 3

会議で「序盤に祭られる可能性がある」という意見が出ていたようですが、予想通り、祭られたようです。と言っても、また僕は遅刻していたので、どういう状況だったのかはさっぱり分かりません。三つくらいから攻められて、しばらく守り続けたものの、落ちてしまったようです。先週とまったく同じパターンだったようですね。

ここで、ある程度崩された段階で撤退したようです。勝ち目がなかったから退いたってことですね。でまあ、ここら辺は考え方による部分はあるのですが、最後まで粘ってもよかったんじゃないかな、と思いました。なぜなら、まだこの時点で20時20分頃であり、勝負を急ぐ必要はまったくなかったからです。ここでズルズル長引いたとしても、毎度のパターンから言えば、まず間違いなく21時には戦況が動きます。すべての同盟が最後までV3に粘着するということは、あり得ないと言ってもいいでしょう。ちなみに考え方によるってのがどういうことかと言えば、とにかく戦いは避けるという方針なら、ここは撤退が正解だということです。なぜなら、がV3なので、放っておけばどうせみんないなくなるからです。完全防衛なら商業値が完全に残るので、守り続ける価値はあります。しかし、1度でも落ちてしまえば、その1回と取り返したときの2回目で商業値はほとんど吹っ飛びますので、あえて守り続ける必要はなくなってしまうわけです。

その後、ベースキャンプで様子見をしていました。戦況はいろいろ動いていたようですが、20時30分頃に暗踊同盟さんが守り始め、若干状況が安定したようです。で、この時点で僕は復帰しました。

Valkyrie Realms 3 暗踊同盟さん防衛

まるで歯が立たないほどの防衛でした。もともと、最近の箱百合同盟は攻城力が極端に低いのですが、ある程度の戦力が整っていても、攻め落とすのは難しいのではないかと思わされました。

結局、しばらくベースキャンプで様子を見ていたら、暗踊同盟さんはいなくなってしまいました。とことん暇防衛を嫌う同盟さんのようです。

Valkyrie Realms 3 乱戦

Clips...さんとLast Memoryさんがいたようです。守っていた勢力はよく分かりませんでした。10分ちょっと攻めたら崩せたので、そのまま攻め込んでいきました。ここでちょっとミスがあり、確保予定の灼熱の百合さんではなく、-きゃらめるぼっくす-で割ってしまいました。

Valkyrie Realms 3 箱百合同盟防衛

この時点でだいたい21時でした。そして、21時になったためか、V3にいた同盟さんたちはみんな引き上げていきました。やっぱり21時で戦況が動くんですよね。これ、うまく使えないものでしょうか。

その後の1時間はこれと言った攻め手もなく、暇防衛のまま終わりました。IRCのログを見ていると、一応攻め手はあったようですね。もっとも、最終防衛ラインにいた僕はほとんど姿を見ていないので、たぶんそれほどの規模ではなかったのでしょう。僕が敵の姿をまともに見るほど攻められたら、それはもう崩壊寸前なんでしょうけど。

ところで、どうも先週あたりから、大魔法が当たりやすくなっているようです。大魔法が当たりやすくなったのではなく、V3が歩きづらいのかもしれませんが…。

Valkyrie Realms 1 派遣

最後、V1に飛んでいきました。しかし、Romancing Stormさんと競り合った結果、競り負けてしまいました。まあ、-きゃらめるぼっくす-にはエンペアタッカーがほとんどいませんから、残念ながら順当な結果と言えるでしょう。2ヶ月くらい前までは、こういう場面でおおむね競り勝っていたのですが…。

感想

簡易版に書いた以上の感想はあるでしょうかね…。

僕はもともと防衛が好きなので暇防衛がそれほど苦になりませんが、やっぱり退屈に感じる人はいるようです。このあたり、はっきりした対応が必要になるでしょう。初めから暇防衛ということが明らかであれば、ある程度不満を抑えることができます。なぜなら、そんなことはやる前から分かっていたことだと言えるからです。一方、明確な方針がないままズルズルと暇防衛となった場合、そこであえて暇防衛をする必然性が理解しづらいので、不満が多く挙がるのではないかと思います。理解しづらかろうがなんだろうが、指揮官の言うことには従うべきだと思うのですが、実際はなかなかそうも言えない部分があります。

そういう意味では、情報の流れが大事かなと思えます。以前と比べて情報の流れはスムーズになり、情報が乏しすぎて指揮官が判断ミスを犯す、ということはなくなってきました。しかし、指揮官には情報が流れていても、一人一人のメンバーにまでは情報が流れていない場合があります。その場合、なぜそういう指揮判断になったのかということが理解されづらいようです。そのためにも、なるべく判断の元になる情報は全員に伝達したいところです。もっとも、伝達されていようがいまいが、結局指揮官に従って動くのみなので、戦果そのものはほとんど変わらないはずなのですが。あくまでこれは、一人一人の満足度を高める工夫というやつです。

そういうメンバーの満足度から言っても、単純に勝つことだけを考えても、やっぱりGvGは攻めなくてはならないでしょう。守りだけを考えた場合、守りきれなかったら、その時点で選択肢が極端に限られてしまいます。しかしながら現状の箱百合同盟を見ると、残念ながら、ある程度まとまった勢力が守っていると、どうにも攻めきれないというのが現状です。結局、攻めの強さは騎士の質と数にある程度比例しますから、その騎士の数が極端に少ないのではどうしようもないと言えるでしょう。

この「攻めきれない」ってのは、理屈で言ってもなかなか理解しづらいものがあります。僕も最近になってようやくその見通しがつくようになりましたが、以前は攻めた経験がなかったこともあって、なぜ攻めないのか理解できないことが非常に多くありました。その意味では、何度か実際に攻めてみて、「やっぱり攻めても勝てないのだ」ということを実体験として理解する必要があるのではないでしょうか。どうせやるならひぐま同盟さんあたりを攻めるとおもしろそうです。

ただ、これをやると、明らかに勝ち目のない戦いのために無駄な経費を使うことになります。しかも、けちょんけちょんにやられることは目に見えているわけで、そんな戦いで楽しめるのかどうかは、やや疑わしい部分があります。僕は勝敗に執着はないので、楽しめれば負けてもいいと思っています。しかし、そういう考え方をする人は、あまり多くはないでしょう。

そうやってひぐま同盟さんを攻めることで、ある程度防衛のヒントを得て帰れれば成果と言えるのかもしれません。しかし、多額の経費を使って攻めた挙げ句、負けただけでした、なんてことになると悲しいものがあります。果たしてそうやって攻めてみたとき、何かを得て帰れるのでしょうか。

他のMMORPG 19:50

いくつか試してみました。

トリックスター

起動せず。

インターネットエクスプローラ7を入れちゃうとダメなのかもしれません。

グラナドエスパダ

ATOKじゃダメ、というふざけた仕様なのでやめることにしました。MS-IMEにすればいいだけなんですけどね。

ローズオンライン

前は、一応無料ながら、お金を払わないと戦闘不可、というなかなかどうしようもない仕様だったので、アカウントだけ作ってほとんどやっていませんでした。やろうにも、戦闘できないんじゃレベル上げられませんからね…。

で、今回そういう制限がなくなったので、ちょっとやってみました。露店が出せないとか、まだまだ制限はあるようですが、その辺はやむを得ないでしょうね。本気でやるなら、クランに入って仲間に売ってもらう手もあるわけで。

何と言うか、とてもオーソドックスな感じでした。ただ、ローズオンライン固有の要素とも言える乗り物などが、序盤では使えないので、その辺が何とも言えないものがあります。七つの惑星を駆けめぐる、なんてキャッチフレーズだったと思いますが、序盤じゃ他の惑星には行けませんし。

まあ、正直、ちょっとやっただけじゃ他のMMOとの差が分からないゲームです。操作性はいいので、ストレスのたまらないMMORPGをやりたいならお勧めかもしれません。

ちなみに、僕はホーカーという職に転職してみました。このゲーム、どの職も武器の修練が2種類ずつあります。上級職との関連でしょうね。で、ホーカーはカタールと弓を使う職でした。韓国のMMORPGの例に漏れず、このローズオンラインも、やっぱり弓矢が強いです。が、調子に乗って撃ちまくっていたら、お金が全然貯まりませんでした。確かこれ、開発元はGravityだったと思うのですが、その辺がROによく似ている気がします。

劇団すとらぐる?Act19『ミステリアスシーフ12:29

見てきました。

それで感想なのですが、はっきり言って失敗作としか言えません。と言っても、演じていた人たちが大きなミスをしていたわけではありません。間の取り方などに気になる点が2、3ありましたが、取り立てて言うほどのことではなかったでしょう。むしろ、ROチャットというきわめて制約された条件下で、よく演じていたと思わされました。こういう制約条件下の演劇ってのは、僕も昔さんざんやっていたのです。ラボという英会話教室みたいなの*1があって、そこで僕は、小道具を使わない英語による演劇ってのをやっていたのです。ピーターパンでフックの役をやったりしたものですが、今になってみると、僕がフックを演じるなんて、なんて似合わないんだろうと思います。

それはともかく、出演していた人たちがミスをしていないのなら、残るは観客しかいません。そう、観客の一人がしでかしやがったのです。なんと、クライマックスネタバレをかましやがったのです。もう、盛り上がっていた気分も、何もかもが冷め切ってしまいました。ついでに眠くなってしまい、舞台後のあいさつも聞かずにさっさと寝てしまいました。

舞台の前に、「観客のみなさまにもレベルアップをお願いしたい」という話がありましたが、よく理解できてしまいました。確かに、どれほど優れた演劇であっても、観客がダメでは何もかも台無しです。

そのうちno titleに載ると思うのでザッとあらすじを書いてしまいますが、要するに怪盗がいて、その怪盗を軍と探偵が協力して捕まえようという話です。まあ、探偵が一人で軍に勝てるわけはないんですが、その辺は演劇なので、探偵が勝ってしまうわけです。で、いよいよ怪盗の正体が明らかに…!ってところでどこかのアホがチャットを立てて、ネタバレをかましやがったわけです。と言うか、そこまで話が進めば、僕もうすうす正体には気付いていました。しかし、この場合正体そのものはどうでもいいわけで、問題なのはそいつをどう演出するかということです。こないだプレイした英雄伝説 空の軌跡SCにしても、別れてしまった義理の兄弟を探して…というストーリーだったので、当然、きっと再会できるだろうという見通しを持ってプレイするわけです。問題なのは、いつどこでどうやって再会するかということです。そのあたりの演出が楽しみどころですし、どこでどうやって再会してもいいと言うなら、そもそもRPGストーリーなど必要ないでしょう。

何と言うか、はいはい、お前が頭いいのは分かったよ、分かったから黙ってろWisしてやりたい気分でした。それだけ、演劇そのものはよかったということなんですけどね…。本当に残念でした。

ところで脚本ですが、基本的にはものすごくオーソドックスな怪盗ものという感じでした。ただ、僕はそういうベタな話ってのは割と好きなので、その辺は気になりませんでしたが。おもしろかったのは、怪盗の侵入方法でした。大抵の場合、怪盗ってのはどんなセキュリティも突破して…という感じなのですが、この怪盗のやり方なら、確かに成功するよなぁ、と納得させられるものでした。

サウンドカード 08:53

no titleを見ていたら、気になる記述がありました。

これ、気になるんですよね。特にROは、演奏を繰り返すとものすごい数のBGMが重なるので、ぜひハードウェアバッファのあるサウンドカードを使いたいところです。

そこでCreativeウェブサイトを見に行ったのですが、そのあたりの事情がさっぱり記述されていないんですよね。ECO-WikiにはSound Blaster Live!やAudigyという記述があったので、Sound Blaster 5.1はハードウェアバッファを搭載していないということなのでしょうか。

雪人雪人2006/05/17 16:53いまさらながら、15日の日記で、ゴキブリの服を見て笑いをこらえるのに必死でした
あの服あるのね・・
ゴキ好きシークさんにとっては全部買いそうな気がする・・・
全購入制覇頑張ってください(ぇー
ちなみに劇団すとらぐる?は、見にいこうと何度も思っていたんですが、時間とかすぐわすれて見逃すというパターン・・
いつか見たいと思います

secseeksecseek2006/05/17 19:39そもそも今でも売ってるのかって問題と、
なんかかなり高そうだったという問題がありますね…。
ところで劇団すとらぐる?ですが、僕もずっと前から知っていたのに、昨日までずっと見に行くことができませんでした。
脳内補完の部分がかなりあるので合うかどうかに個人差がありそうですが、一度は見てみるといいのではないかと思います

ちょっとちょっと2006/05/21 05:52底上げをBのADに頼らずともCのレース辺りに派遣出してもいいと思いますけど。
とにもかくにもADに依存した戦力では先行き不安定ですよ~?

secseeksecseek2006/05/21 10:05そんなんでCが取れれば苦労はないのですが…。
なんせ、Sara最強の勢力だった時代でも、ほとんど取れてませんでしたし。
それとADに関しては、話の順序が逆ですね。
まだ戦力的に不十分な現状においては、とにかく戦力の増強を図るべきだと思います。
ADへの依存の問題を考えるのは、それからでも遅くないでしょう。
まずはBを安定して取れる戦力にならなければ、話が始まりません。
そのためには、まぐれだろうが偶然だろうが、とにかくBを取ってしまうのが一番の近道でしょう