Hatena::Groupragnarok

Seak's Notes RSSフィード

2006-05-03 (Wed)

生体2

ある日のショック 15:55

ある日、僕は英雄伝説 空の軌跡SCをプレイしていました。そして、ふと思ったのです。

「暑い…!」

もうこうなったら僕は止まりません。唐突に立ち上がり、振り向くと背後の窓を一気に全開にしました。初夏のさわやかな風が、僕のホコリっぽい部屋に舞い込んできます。

すばらしい気分を味わったのもつかの間、ここで大変な問題が起こりました。そう、英雄伝説 空の軌跡SCの主人公である、エステルが最後の敵を倒した瞬間です。

「チョロい、チョロい!」

エステルがロッドをクルクルと回し、ピースのポーズをします。そしてエステルの、甲高くてかわいい声が響き渡ります。こ、これは…。これは窓全開でプレイするのはあまりに恥ずかしい!まあ、ボイスを切ればいいんですが、ボイス以外のBGMもそれなりにうるさいですし、ここは一つ、根本的な解決法を試みることにしました。

僕は、PCの隣に置いてあるテレビの方に向き直りました。テレビと言っても、最近はろくな番組をやっていないので、全然見ていないテレビです。たぶん、1週間に1度くらいしか見ていないでしょう。一番最近に見たのは涼宮ハルヒの憂鬱ってくらいなので、本当にろくなものを見ていないということが分かるでしょう。エンディングのダンスが見てみたかっただけなのですが、本編も宇宙人とか未来人とか超能力者とか、いい感じに電波ゆんゆんで、なかなか楽しませてもらえました。

さて、そのテレビの上には、僕の秘密兵器が置いてありました。最近は全然使っていなかったために、埃まみれになってしまっていましたが。そう、それは、ソニーのMDR-CD480です!いつか参考サイトを示しましょう。

で、MDR-CD480とはなんぞやってことですが、これは、何とヘッドホンです。そう、窓が開いていて音が漏れるのが嫌なら、ヘッドホンを使えばいいのです!

SONY MDR-CD480 密閉型ヘッドホン

SONY MDR-CD480 密閉型ヘッドホン

ちなみにこの機種、アマゾンのレビューには音がクリアーだとかフラットだとか書いてありますが、僕が使ってみた感じ、全然そんなことはありません。どちらかと言えば、低音がきわめて強く、それと比べると中音域以上が物足りない印象です。僕は低音なんぞなくてもいいからさわやかな高音が欲しいという趣向なので、はっきり言って好みに全然合っていません。4800円もしたので、買い換えるのもどうかな、ということで使い続けているのですが…。まあ、レビューにもあるとおり、いろいろと中途半端な機種です。SONYヘッドホンに限らず、全体的に低音を強調する傾向にあるので、今後は買わないと思います。低音が強いと、疲れちゃうんですよね…。

そういうわけで、僕の起死回生の秘策は見事に成功するかに思われました。ところが、ここでまた問題が起こったのです。それは、ヘッドホン端子がないということです。僕が使っているスピーカは、5年前に親父が買ったIBM Aptivaに付属していた、Infinityとかいうよく分からないブランドの安そうなスピーカで、もちろんヘッドホン端子などという高級な代物はついていません。ヘッドホン端子以前に、そもそもアンプが内蔵されていないのです。本当に鳴らすだけということですね。おかげで、サウンドボードに内蔵されているアンプを使うことになってしまい、以前はさんざんノイズに悩まされました。マザーボードを交換したら、ほとんど気にならなくなりましたが。さすが、人気があると言うだけあって、ASUS P4P800 SEはなかなかすばらしいマザーボードのようです。音にノイズが乗らないからすばらしいってどういう評価なのかって感じがしますけど。まあ、PCIスロットに接続されているサウンドボード経由の音に変なノイズが乗るってことは、回路設計がうまくないと言えるのではないでしょうか。

ともかく、仕方がないので、僕はPCを引っ張り出し、背面のスピーカ出力端子にヘッドホンを接続しました。長い道のりでした。ここまでの総文字数は、なんと1784文字!スペースも含めれば1791文字も費やしてしまったのです。一太郎はすばらしいですね。ついでに、段落は16段落らしいです。まあ、URLの行で1段落と数えているようですが。

まあ、そんなわけでヘッドホンをつないで、英雄伝説 空の軌跡SCのプレイを再開しました。そのときは、確かグロリアスの甲板の上にいたと思います。

聞いた瞬間、肌が立ちました。このゲーム、こんないい音楽を使っていたのかと思ってしまったほどです。これまでものすごく損をしていたのだと、嫌というほど思い知ってしまいました。みなさん、英雄伝説をプレイするなら、それなりにいいスピーカヘッドホンを使いましょう。迫力がまるで違います。

そこで、僕は決心しました。いくらヘッドホンがいいと言っても、常時ヘッドホンでは疲れてしまうし、肌も荒れてしまいます。そこで、ヘッドホン端子がついているスピーカを買うことにしたのです。そうすれば、スピーカのケーブルを抜いてヘッドホンに差し替える必要もありませんし、何より、サウンドボードの内蔵アンプなんて使わずに済みます。

善は急げということで、さっそく買いに行きました。いろいろあって悩んだのですが、どうせ音質にこだわるならヘッドホンを使うので、スピーカは何でもいいやということで適当に選びました。いいスピーカの音は本当にいいということは知っているのですが、5000円程度じゃ、いいと言ってもたかが知れているだろう、ということで。そういうわけで、1000円くらいのいかにも安い感じのスピーカを買って帰りました。ちなみに、スピーカを買うときかなり悩んだので、気分転換にこんな本を立ち読みしてみたりもしました。

MONA―2ちゃんねる発祥の手作りOS

MONA―2ちゃんねる発祥の手作りOS

2ちゃんねる発祥のOSらしいです。HDDすら認識できないのにGUIを備え、マウスをサポートしているってあたりが、さすがは現代のOSって感じです。役に立つかどうかは知りませんが、割とおもしろい本でした。モナーのイラストがあちらこちらにあって、とても微笑ましいです。

そんなわけで、スピーカを買って帰りました。支払いはもちろんデビットです!前回、空の軌跡SCを買っていたので、840ポイントくらいたまっていました。1000円くらいのスピーカだったので、支払いは223円でした。たった223円にデビットを使うのかと思いましたが、まあいいやってことで使っておきました。ちなみにデビットカードというのは、何か変な名前がついていますが、要は銀行のキャッシュカードを使って支払いをし、代金は口座から直接引き落とされるという代物です。クレジットカードと違って、借金扱いにならないのが非常にいいですね。え?何を言っているのかって?もしそう思う方がいたら、認識を改めておいた方がいいですよ。クレジットカードの買い物は、借金での買い物ですよ?もし支払わなかったら、取り立てが来るんですよ?僕はそんなもん、怖くて使えません。何と言っても、カネがなくても買えるんですから。恐ろしいカードです。よく知りませんが、確か利子も付くんじゃなかったですかね。手数料は店側が払うらしいですが。

さて、3237文字も費やした挙げ句、ようやく家に帰りました。さっそくPCのケースを開け、サウンドボードの内蔵アンプのディップスイッチを切り替えてオフにしました。今時、内蔵アンプなんてのを搭載しているサウンドボードはあるのでしょうか。そこで起動し直してみたのですが、なんとサウンドボードを認識してくれません。「ふざけんなゴルァ!!」とは叫んでいませんが、そんな風に叫びたくなる気持ちを抑えつつPCの電源を切り、「認識しやがれ、このくそったれマザーボード!」と思いつつサウンドボードPCIスロットに改めてねじ込みました。え?上の方にすばらしいマザーボードと書いてあったって?知るか。

幸い、すばらしいマザーボードのP4P800 SEくんは僕の怨念を感じ取ってくれたらしく、次に起動したら、問題なく認識してくれました。そこで、さっそくスピーカを接続…しようと思ったら、さらなる問題が発生してしまいました。…電源ケーブルの長さが足りない!

そう、このスピーカはノートPC用のスピーカらしく、電源ケーブルが1.3メートルしかなかったのです。なんだ1.3メートルってのは!1.5メートル用意しやがれ!と思いましたが後の祭りです。まあ、テストをするためにPCのテーブルを思いっきり前に引っ張り出していたので、ちゃんとしまえば届くでしょう。そういうわけで、スピーカをテーブルの縁に引っかけて鳴らしてみることにしました。鳴るかどうかをテストするだけなんだから、配置なんかどうだっていいんです。

いそいそと電源ボタンを押しました。青色発光ダイオードが美しく輝いています。10年前にこの青色発光ダイオードを持っていたら、僕はきっと神と呼ばれたに違いありません。今や珍しくも何ともありませんが。そこら中に普通に使われてますもんね。でも、秋葉原のラジオデパートに行くと、今でも赤や緑の発光ダイオードと比べて、ちょっと高い値段で売られています。…いや、最近は行っていないので、もしかしたらそうでもないかも知れませんが。

そして僕は、KbMedia Playerを起動し、再生してみました。曲は岩男潤子とかいう人の烏龍ってやつです。結構きれいな声なのですが…。

僕は、愕然としました。これが…これが1000円のスピーカの実力だというのか!ショボい!あまりにショボい!まさか、5年前のPCに付属してきたスピーカよりはるかにショボいとは!ノートPCの内蔵スピーカの方がいい音が鳴るのではないかってくらいショボい音でした。

そこでふと思い立って、Infinityなるスピーカがどんなものなのかググってみました。…え、何?Infinityって有名ブランドなの?しらんかった…。PC用の付属スピーカなんて基本的には扱っていない会社で、10万円以上の高級スピーカばっかし作っているブランドのようです。さすがIBM、そんなブランドのスピーカをPCにつけるとは、なんて意味不明なことをするのやら…。

まあ、ヘッドホンで聴いた限りでは問題ないので、とりあえず最低限の機能は果たしてくれていますが…。所詮1000円ってことですかね。ショックでした。

べるにょべるにょ2006/05/03 16:09なんつーか「じつにしーくんらしい」出来事ですなw
確かマザーボードは同じらしいけど、うちのスピーカーはYAMAHA YST-M8って機種です
このスピーカー以前(かなり前ですが)PC系の雑誌で、スピーカー特集の記事で紹介されていた物で
しーくんのように低音がどうとか、高音がどうとか関係なく「値段(4k前後だったかな)、YAMAHA(ブランド)」って事と
うちのPC周りのスペースで選んだのだけど、結構満足してます(^_^.)
右スピーカーの前面にヘッドフォン端子も付いてますし、MD付属の短いヘッドフォンも使えるので重宝しています。
とりあえず買い物の時は、いくつかの候補の中から値段もですが検討してから買いましょう。
ってのが今回のオチですかねw

secseeksecseek2006/05/03 16:22確かにそうですね。
みねさんあたりに相談しても、あの人は頭の中の金額の桁が
僕とは1~2桁ほどずれているのであてにならん…と思ったのですが、
まさかししょーがそんな手頃なものを知っていたとは…。
ちなみに、僕はYAMAHAの大ファンでして、
わざわざYAMAHAのハードウェアMIDI音源を買ったこともあります。
まあ、MU100Bっていう廉価版ではあるのですが。

kuramponkurampon2006/05/05 13:17私の場合、ヘッドセットとスピーカーの切り替えができる小さいBOXを買いましたよ。
本体
 |
BOX===ヘッドセット(マイクとヘッドホン)
 |
スピーカー
というようなもので、スイッチひとつで切り替えられるので便利です。
あまり見かけないけど、そんなに高くなかった気がする。(内部が機械的スイッチみたいなので安いみたい)

secseeksecseek2006/05/05 13:50なるほど、そんなものもあるんですね。
世の中、便利なものがあるんですね…。

みねみね2006/05/05 16:21なんて失礼な人だw
とはいえ、PCのスピーカとして使用してるのはEDIROL MA-20D(Roland)なので、やはり金額が1桁違いますね。
3年前くらいに購入したものですが、当時35,000円くらい支払った記憶があります。色々試聴してまわった結果、こうなったんだから仕方ないですね。

secseeksecseek2006/05/06 20:13…やっぱしずれているでわないですか。
まあ、僕の場合、ミドルエンド以上のものはすべていいと思える安っぽい価値観なので、
その辺は親に感謝したいところではあります。
ミドルエンド以上の違いを理解できない、とも言えますけど…。

通りすがり通りすがり2007/10/24 22:03烏龍(ウーロン)ではなく、鳥籠(とりかご)

secseeksecseek2007/10/25 07:12ご指摘ありがとうございます。
訂正しておきます