Hatena::Groupragnarok

Seak's Notes RSSフィード

2006-01-09 (Mon)

奉納 21:50

開運祈願 モナー神社 -絵馬(No.50468)ってのをやってみました。

[]1月8日GvGレポート 15:55

所属
-きゃらめるぼっくす-

前回は自由参加でしたが、今回から正式に動き始めることとなりました。と言っても、前回も結構人数がいたので、規模としてはそれほど違いませんでしたが。

序盤

カレー食ってました。すみません。

中盤

戻ってきたら、L4を攻めていました。

f:id:secseek:20060109143822j:image

攻め手は僕らの他に、13CPU同盟さんの一部がいました。どうやら、レポを読ませていただいた限りでは13CPU同盟さんは解散したようなので、その一部ということになるのでしょう。2ギルドほどの姿が見えます。

結局、ここでは後衛も含めて突撃しましたが、破れる気配すらなく撤退しました。20時30分頃だったと思います。L4の構造もあるとは思いますが、街道さんは防衛もかなりの力があるようです。人数はどのくらいでしょうか。たぶん30人くらいだったと思いますが…。このあと、L4では他のギルドも来て、なかなか熱い戦いを繰り広げていたようですね。ただ、勝機はなさそうに思えました。

V3へ

続いて、V3へ向かいました。

f:id:secseek:20060109144329j:image

エンペ部屋前の階段です。ぴよぴよ過激隊さんの姿が見えます。防衛していたのはC l i p s ...さんのようでした。

最初の突撃ではあっさり死にました。

f:id:secseek:20060109144655j:image

フルストリップを食らったのは初めてです。しかし、プリで食らってもそんなにつらくはないですね。どうせ支援しかしませんし。なかなかジョークが効いているようです。どうやらアンフロやドルを着ていない人が多いようですね。アンフロがあればジョークなど意味がないと言われますが、それは逆にアンフロがなければジョークは意味があるということでもあります。実際、Gvに慣れた人ほど、常時アンフロ装備などしているものではありません。いつもアンフロを着ているなんて、アンフロしか着るもののない貧乏人の僕くらいではないでしょうか。

あまり注目されていませんが、反撃系の鎧はWiz大魔法でも効果を発揮するようです。十分に耐久力の高い人なら、大勢のWizを眠らせたりすることもできるかも知れません。状況によって有効な防具は変わってきますが、大魔法地帯に突撃するなら睡眠鎧は有効な手段となりうるのではないでしょうか。

この攻めでは、Stray Catsさんに競り負けてしまいました。すぐさま取って返して、再びV3へ向かいました。

V3 2回目

f:id:secseek:20060109145525j:image

ぴよぴよ過激隊さんが遅延防衛をしていたので、制圧を狙いました。レポを読ませていただいた限りでは、すぐ撤退する予定だったとのことでした。結局、制圧はできず、エンペを割ることになりました。

f:id:secseek:20060109145857j:image

続けて防衛に入りました。ダンサーがいなかったため、ロキはなしです。

f:id:secseek:20060109150108j:image

攻め手はぴよぴよ過激隊さんとC l i p s ...さんだったようです。結局、こらえきれずに落城しました。

終盤

ここから、Little☆Destinyさんや下克上(?)さんが加わり、多数のギルドが奪い合う乱戦となりました。結局、制したのはC l i p s ...さんだったみたいです。この段階で、僕も含めて後衛陣はER前で様子を見ることとなりました。

そして、機を見て一気に突入しました。それまで、10分近く待っていたはずです。

f:id:secseek:20060109151102j:image

時間はかかりましたが、なんとか制圧に成功しました。この時点で、C l i p s ...さん以外の攻め手が引き上げていたのが幸いしました。

このあとも、チラホラ攻め手の姿が見えるものの、基本的には単発で、たいした問題は起こりませんでした。C l i p s ...さんも引き上げたようです。

しかし、大手の出張が現れる最後の10分になって、動きがありました。† 天下 ⅤS 頂点 †さんやひぐま同盟のMinervaのマスターさんや、亀の手さんが現れ始めたのです。緊張が走りましたが、ER内にはほとんど姿を見せなかったこともあって、すっかり安心していました。

ところが、いきなりエンペのそばにクルセさんが現れました。どうやら、でかいから目に付いただけで、実際はかなり大勢が来ていたようです。亀の手さんのEmCでした。遅延解除をするためにエンペを叩いていたのですが、最後の一撃を持って行かれ、V3を奪われてしまいました。SaraのGvGerなら知らない者はいないというほど有名な、亀の手さんの金ゴスチェイサーさんですね。ハンターさんはかなり必死にディテクティングを放っていたようですが、どうやら引っかからなかったようです。罠も、エンペ周辺に人を配置するために解除してしまっていました。もちろん、クリップオブトゥルーサイト(笑)…ではなく、マヤC挿しの兜なんて、きゃらめるに持っている人はいないようなので、見つけることもできませんでした。

直後からV3を奪い返しに向かいますが、エンペを割り始めたのが21時57分を過ぎてからだいぶ経った頃だったので、58分に近かったと思います。それから取り返すには、あまりに時間がなさすぎました。

感想

とにかく、ラストの亀の手さんにしてやられたというのが一番印象に残りました。きゃらめるの面々に、金ゴスの恐ろしさをたたき込んでくれたと思います。どうも亀の手さんには縁があるようですね。

エンペを割るタイミングは、難しいところですね。今回に限れば、もっと早く割ればよかったのでしょう。しかし、そのときに亀の手さんの金ゴスチェンサーさんが前で待機していたら、割った瞬間に入ってきてEmCということになりますから、早く割ってはいけないということになります。結局は、偵察と指揮の勘に頼るということになりそうですね。

おそらく、万全なタイミングはないのではないかと思います。また、だからこそGvG楽しいのではないかと思えます。PvPは構成人数が少なく戦術を組み立てやすいため、事前の作戦を正確に実行したり、相手を思い通りに操ったりということが場合によっては可能です。訓練によって、あらゆる事象の確率を100%に近づけることができ、100%に近くない行動はすべて捨ててかかるというのが鉄則になってくるようです。だから、例えば状態異常系の攻撃は、基本的にPvPではあまり使われないと聞きます。その点、GvGは、人数が多く、そのときどきによって状況が異なります。したがって予測は不可能に近く、最終的には現場の一人一人の判断に委ねられる部分が多く出てきます。あらゆる場合を想定した厳密な作戦など、事実上立てることは不可能です。また、仮にできたとしても、そんな細かい作戦をメンバー全員に周知徹底させることなどできないでしょう。少なくとも、僕自身はそんなの実践できないと思います。だからこそ、その場の臨機応変な対応という楽しみが見えてきます。どんなに確実な行動をしようと思っても、そもそも状況の把握が難しいため、どの選択が確実なのか分からないという暗中模索の要素が、GvGにはあると思います。だからこそ、例に出して恐縮ですが、暗踊さんのような同盟が存在しうるのではないかとも思います。暗踊さんの方針は、「勝つだけではダメだ、戦って楽しんで勝たなくては意味がない」というものだと、僕は思っています。普通に考えればそんなことは贅沢であり、勝ちたければ勝つことだけを考えるのが王道というものです。では、暗踊さんが結果を出していないのかと言えば、決してそんなことはありません。少なくとも、今のきゃらめるぼっくすと戦えば、攻城、防衛のどちらの立場であれ、10回やったとして10回とも勝てないでしょう。数が違うと言われればそれまでですが、それは暗踊さんの方針を支持する人が多いということを意味するとも言えるでしょう。

このような多様性があるからこそ、GvGはいいんじゃないかと思います。勝つためにやっていることが必ずしも勝ちにつながるとは限らない、捨て身で攻めてみたら取れてしまった、なんてことが、たまには起こります。もちろん、いつもそんなことばかりでは困りますが、大抵は強い方が勝っているので問題はないでしょう。

他の同盟さんについて

暗踊+RSさん

いきなり戦っていない勢力からです。

こないだまで同盟を組んでいたこともあって、かなり動向が気になります。どうやら、ザッと調べた感じでは、攻城力にはさほど変化がないものの、防衛力は大幅に向上したんじゃないかというところのようですね。攻め指向の同盟でそんな戦力を持った場合、一体どういう判断をしていくことになるのでしょうか。防衛が得意なら防衛をすればいいじゃないかと思ってしまいますが、この2者の場合、そういう判断はしない気がします。

ぴよぴよ過激隊さん

先週、シェイドさんが来てくれたこともあって、ちょっと気になっています。ここ数週は、同じ場所で戦ったことも多かった気がします。どちらかと言えば攻め指向のギルドという印象を受けます。EmCを持っているようなので、どこかと同盟を組んだら一気に目立ちそうです。

亀の手さん

してやられました。なんとか対策を考えなければなりませんね。防げるとは思わないで、姿を見たら早め早めに対処するのがいいのかも知れません。あとは、防衛を大魔法だけに頼りすぎないことでしょうか。大魔法と比べれば効果範囲や威力は劣っていますが、他のスキルだって、決して効かないわけではありませんし。ゴスならジョークが有効とのことですが、チェイスウォークを使っているなら、服はアンフロなのでしょうか。

シェイドシェイド2006/01/10 02:43( ;´Д`)いやぁぁぁぁぁー!
今週はあんまり戦えなかったですが、今度はたくさん
たたかいたいものです。100%のとこのくだり僕のブログにチラッとのせときました

samusarasamusara2006/01/10 13:29L4に偵察に行ったときに、少し挨拶してしました(´ω`)
やっぱり亀の手は強いと思うんですよ。金ゴキチェイサーを抜きにしても。
我々もL4ではやっつけられてしまいました。
自分のレポ書いた後にシークさんのレポ見たんですが、やっぱり文章力が違いますね(つд⊂)シークさんのようなレポが書けるように頑張りたいです。
ではでは、お互いこれからも頑張りましょうヾ(゚ω゚)ノ゛

secseeksecseek2006/01/10 17:04いやー、そんなに誉められると照れますね~。まあ、それほどでもありますが。
んで、ぴよぴよさんとはやり合ってみたいですね。規模も近いようですし。単独ギルドの規模だと、ライバルが多くて嬉しいものです。覚えきれなくて困りますが。
んで、亀の手さんは確かに強いですよね。長期間存続しているというだけでもすごいですし。それだけ慣れもあるでしょうし、個々人の技術もある気がします。
個々人の動きに関しては、きっときゃらめるやRSさんも負けていないと思っていますが…。その意味では、RSさんが組んだ暗部さんはレベル高そうですよね~。今、一番攻めの経験値の高い勢力という気がします。攻めで言えば、光夜同盟さんも気になりますが…。