Hatena::Groupragnarok

Seak's Notes RSSフィード

2005-09-04 (Sun)

[]9月4日GvGレポート 02:21

今週は亀の手同盟さんが攻めてきました。亀の手同盟さんは、今週を最後に大きく編成が変わるとのことです。

実は、今週はB1を放棄して他へ向かう予定でした。商業値100のを手放すのは残念ですが、そんなことを言っていたら、現状だといつまで経ってもB1から離れられませんので。

で、せっかく盛り上がったのですが、今週はSSを撮り損ねた上にIRCのログをセーブするのも忘れてしまったので、記憶だけが頼りです。

序盤

10分守ってみてどこも来なかったら、全軍でBを片っ端から回ってみるつもりでした。で、ここ3週ほど完全に放置されていたので、攻め手はないだろうと同盟のほとんどの人が思っていたはずです。しかし、そこに亀の手同盟さんが現れました。PT名や亀の手の人のブログを見る限りだと、どうやら祭りだったようです。

しかも、驚くべきことにスタートダッシュを仕掛けてきました。別に悪いわけではありませんが、Saraでは暗黙の了解でスタートダッシュをしないのが通例となっていただけに、亀の手同盟さんの気合いを感じさせられました。

しかし、我々にとっては幸運であり、亀の手同盟さんにとっては大変不運なことに、この日のSaraは尋常でないほどの重さでした。入り口の封鎖こそ、突破するのがほぼ絶望的な状態でした。しかし、いったん防衛ラインの2MAP目に来ると、逆に完全に箱天R同盟のペースでした。初めはそれほど防衛ラインに人がいなかったのですが、その代わりに封鎖に引っかかっていた人が多かったらしく、亀の手同盟さんも封鎖に気を取られてまとまった攻めができなかったようです。その後、ベースキャンプで次々とメンバーを城主のきゃらめるぼっくすに移動させ、旗から防衛ラインにメンバーを投入しました。僕もこの段階で防衛ラインへ行くことができました。このときの、ギルド入れ替えはかなりスムーズでした。ベースキャンプでひたすらギルド加入要請を出すなんて、貧乏くじ以外の何物でもなかったと思いますが、この仕事のおかげでかなり防衛ラインが安定しました。

防衛ラインでは、庭の圧倒的不利な状況が嘘のように、完全に防ぎきっていました。亀の手同盟さんには金ゴス持ちの人がいますから、普通に考えて「完全に」防ぐなんて無理なはず*1なのですが、とにかく重さが尋常ではなく、まともに歩くことすらできなかったようです。ただ、それを差し引いても、今日は阿修羅モンクが5人もいました。エンペ部屋で見張りをしていた人も合わせれば6人です。1回の突入で一人のモンクさんが2発くらいは阿修羅を撃てるはずなので、単純計算で10人以上は大魔法地帯を突破してこないと、箱天R同盟の防衛は抜けられないことになります。

そうこうしているうちに、不利なはずだった庭からもぞくぞくとメンバーがやってきます。聞いたところによると、ルアフやサイトがほとんどなかったため、クローキングハイディングで抜けてこられたのだそうです。プリの目の前でハイディングしてもルアフしてこなかったとか聞きましたが、本当でしょうか。

と言うことで、入り口が封鎖されていたにもかかわらず、時間が経つに連れて徐々に防衛ラインの人数が増えていくという、謎の防衛で2MAPを固めていました。

中盤

そのうち状況はすっかり安定し、スタートダッシュでの不利な体勢をほとんどくつがえすことに成功しました。ただ、その分庭にいる人が減ったため、亀の手同盟さんの攻めもまとまってきました。で、亀の手同盟さんがまとまったところに、無詠唱SGが3発ほど決まってLPセージさんを2回ほど倒したらしいです。無詠唱SGって、防衛側でも使えるものなんですね。

そうこうしているうちに、21時30分頃には亀の手同盟さんが撤退しました。で、撤退した瞬間からIRCに「終了直前にまたやってくるんじゃないか」という意見が5連発ほど…。まあ、過去に3回もやられりゃ誰だってそう思うでしょうね…。ログが流れるから他の人は言わなかっただけで、ほとんど同盟の総意だったと言っていいでしょう。

終盤

ということで、亀の手同盟さんの奇襲に注意しながら出張部隊を派遣します。で、案の定、亀の手同盟さんの奇襲が来ました。亀の手同盟さんのブログには「戻りが早かった」、「指揮まで行き渡っていた」と書かれています。実際、くそ重い状況にも関わらず、3分ほどでほぼ全員が復帰しました。1分で半数が戻ったと言ってもいいと思います。と言っても、普通の指揮じゃ、いくらなんでもこれは無理です。予測した上に、その予測が全員に浸透していたからこそできたことだと思います。

ただ、そこまではよかったのですが、そのエンペ部屋の防衛はかなり苦戦しました。無詠唱SGでかなり人数を減らされ、エンペ部屋の人数は亀の手同盟さんと箱天R同盟がそれぞれ同数、という状況になっていました。ただ、Wizが数人残っていた上、阿修羅モンクが全員残っていたので大きく崩されることはありませんでした。

この時点で残り5分ほどだったのですが、5分で防衛値の高いエンペを割れるのは、EDPを利用したアサクロかバーサークを使用したLKくらいでしょう。よって、この両者のみに注意して防衛を行いました。プリがエンペに張り付いていましたが、さして重要でないとしてほとんど放置でした。

結局、エンペのそばで警戒していた阿修羅モンクさんが、そのまま何もしないままで時間切れとなりました。防衛自体はある程度崩されていたのですが、アタッカーには攻められなかったので、まあ合格と言えるのではないでしょうか。

ところで、終盤で奇襲がなければ、出張はC5へ行く予定でした。しかし、結果を見るとC5を取ったのはなんと街道連合…。行ってたら大変な戦いになっただろうなあ、と思います。

感想

やっぱりGvGは戦わなきゃダメですね。久し振りにほとんど2時間戦い続け、非常に楽しめました。亀の手同盟さんは、かなり格下であるかのように言われていますが、それほどの力の差は感じませんでした。ただ、個々人を見ると、前衛の人がスタンしていたり、ルアフサイトがかなり少なかったりしたようです。その辺が差なのかなあ、と感じました。

あと、個人的にツボだったのが、きゃらめるぼっくすマスターの動き…。

とりあえず執事に張り付いてガーディアンをチェックし、死んでいたら復活させ、ちょこちょことガーディアンHPを報告。で、フラフラと防衛ラインの真ん中にやってきて「臨戦態勢 !!」と叫んで、終わったら再び執事のところへ…。なんだか知りませんが、庭のガーディアンがHP1000くらいのままずっと放置されていたらしいです。何があったのでしょう。

それから、BSさんが物資補給の露店を出したり、装備の修理をしたりしていました。直接戦うわけではありませんが、こういう役割はかなり重要だと思います。HP回復ができないんじゃそもそも戦いになりませんし、SP回復剤が切れたら阿修羅を撃てなくなります。また、装備が壊れたままだと不利なことは言うまでもありません。今はプリで参戦していますが、昔は僕もBSで参戦していました。当時は罠を大量に消費したので、僕の主な役割は罠の配布でした。懐かしいものです。トレード、その場に置く、露店で配るなど、いろいろな方法を考えたものです。

他の同盟さんについて

亀の手同盟さん

普段よりも人数が多く感じました。SaraWikiに40名程度と記されていましたが、少なくとも40名という感じではありませんでした。庭の封鎖は結構厳しく感じました。しかし、どうやらそれは僕が弱すぎるだけで、箱天R同盟のメンバーはそうとは感じていなかったようです。実際、かなり多くの人が封鎖を抜けて防衛ラインまで来ていました。

攻めに関してはかなり甘く感じましたが、あの重さではやむを得ないところでしょう。無詠唱も撃ってきましたが、あとが続いていませんでした。これも、献身を使えなくなったから仕方ないのだと思います。

しかし、全体的な動きはともかくとして、個々人を見るとびっくりするような人がいました。特に最後のエンペ部屋の攻防では、いつの間にか防衛ラインの一番後ろまで抜けているクルセさんがいて、ちょっと恐怖を覚えました。また、さらにその後ろ、エンペまで到達しているプリさんもいました。攻めのタイミングがそろっていたら、もっと苦戦していたのではないかと思います。

ささみ同盟さん

戦ったわけではありませんが、気になったので…。今週で3回連続B獲得ですね。果たしてこのまま定着できるのでしょうか。

実験 14:11

AGIクルセがヒールを取得しました。HX10,ヒール10,AG4,ペコセットです。

そこで、あちこち歩いてみました。その結論は…。

無理なものは無理ということです。

ヒールってのは、あくまでも回復剤をケチるためのスキルであって、行動範囲を広げるスキルではないようです。まあ、考えてみれば、ヒールしながら攻撃することはできないわけで、ヒールばかりしているようじゃ戦えませんね。とは言え、出かけるたびに回復アイテムを用意しなくていいのは大変嬉しいものです。キュアも死にスキルと言われますが、それなりに便利ですし。もっとも、沈黙状態ではスキル自体使えないので、実質、暗闇の治療専用ですが。

実験として、ちょっとアマツ3へ行ってきました。忍者にはHX、酒天狗は火海東で何とかなるだろうと思ったのです。

天狗は、面倒でしたが確かに何とかなりました。酒天狗の95%Fleeが218でクルセのFleeが192なのに普通に戦えるのは、さすが剣士系です。しかし、忍者はどうにもなりません。95%Fleeが246で半分も避けられないって時点ですでにお察しですが、それ以上に問題なのが必中174ってやつです。ROトリオさんで計算してみたところ、以下のようなシミュレート結果になりました。

命中率
59%
回避率
41%
クリティカルダメージ
488-510
クリティカル
0%
最小与ダメ
271
平均与ダメ
303
最大与ダメ
336
秒間与ダメ
355.83
最小攻撃回数
65
平均攻撃回数
72
最大攻撃回数
80
平均戦闘時間
36.17秒
平均被ダメージ
440 (213~665)
平均被ダメ(回避込)
210.31ダメージ

とまあ、こんな感じです。行く前に気付けと思うくらいボロボロですね。いやあ、カブキ忍者って強いですね。まさか平均攻撃回数が72回とは思いませんでした。HPが16940もある酒天狗すら平均攻撃回数が39回ですから、その多さは推して知るべしってやつですね。

…あっ!ジョブレベルと精錬値の設定忘れてた!えー、その結果を踏まえるとこうなります。

平均攻撃回数
72→63
平均戦闘時間
36.17秒→31.04秒
平均被ダメージ
440 (213~665) → 298 (142~454)

なんかぜんっぜん違うけど…まあ、いいや。修正めんどいので。まあ、こんな感じってことで。AGI型でも精錬はしましょう。うん、それがいいです。

ついでに、ザッと見て経験値のうまいやつをメモ代わりに載せておきます。ただし、狙って狩れないやつは除きます。アリスとかアムムトとか…。

タムラン152,土精120、ジビット211、ディスガイズ134、デュラハン133、ハイローゾイスト136,アラーム117,アルギオペ128、アルゴス129,イシス200,ウィンドゴースト177,ウータンファイター138,大口蛙129,オークレディ129,オットー151,ガーゴイル183,カホ222,キラーマンティス163,クランプ144,クルーザー157,サイドワインダー166,ジェスター175,ジャック124,銃奇兵144,人面桃樹118,スケルプリズナー130,スティング163,スプリングラビット159,ゼノーク161,ダークフレーム183,デビルチ148,盜蟲(雄)112,ドケビ148,ドラゴンテイル138,ドレインリアー144,バースリー193,ハイオーク172,パサナ128,パンク142,フレイムシューター124,ペスト155,ペノメナ169,マーター161,マルデューク124,ミスト155,ミストケース139,ミノタウロス120,レイドリックアーチャー216、ワイルドローズ139

これは、僕のクルセがサイズ特化武器で通常攻撃した場合の、一撃当たりに期待できる経験値です。したがって、属性武器の方が有効なMobの場合、もっと効率が上がることがあり得ます。また、HXが有効なMobの場合ももっと上がることがあり得ます。

基本的に130以上のMobしか載せていませんが、桃木は頻繁に取り上げられるMobなので参考のため載せています。僕が狩るにはそれほどおいしくないMobのようです。ゴキが載っているのは僕の趣味です。土精がまずく見えるかも知れませんが、プロボをかけて+7強い火海東を使えば193になります。決してまずいMobではありません。ちなみに、同じ条件で窓手を狩ると255となりますが、まあ、平均被ダメが回避込みで317.35で、なおかつあのASPDでは、ちょっとお話になりません。

目を引くのは、やはり200以上のMobです。レイドアチャは、正直他のMobが狩れないので厳しいですが、ジビット、カホはギリギリ狙える範囲です。イシスに至っては楽勝です。ただ、ピラ2を考えた場合、他のMobのまずさが気になりますが…。ソルスケ74,アチャスケ81で、マミーに至っては44です。エンシェントマミーを全部通常攻撃で倒したとしても、一撃当たりの経験値が80です。不死系のまずさがよく分かります。まあ、レイドアチャも、階段Dなら狙えます。ただし、あそこはハエ索敵がほぼ必須で、僕はハエが嫌いなので行こうとは思えませんが…。

こうしてみると、5しか取っていないはずのデーモンベインの影響がよく見て取れます。AG4を取らずにデーモンベイン9でも良かったかも知れません。

あと、廃兄貴、ばあさん、オットー、亀地上などの定番はやはりうまい、ということが分かります。亀地上は思ったほどではなかったのですが、おそらく数をさばくことでより儲かるということなのでしょう。デーモンベインの影響ってことで、ニブルも良さそうです。ただし、ロリルリとブラッディマーダーがお話にならないほどまずいので、行くなら村しかありませんね。

ROプレイヤーに質問 09:28

キーワードRAGNAROK ONLINE」を見ていてちょっと思ったのですが、みなさん「ユミルの爪角」なるものをご存知でしょうか。

これ、実はROの目的らしいです。このゲームは本来、このユミルの爪角なるものを探し求めることが究極の目的らしいのです。それにしては、まったく実装される気配がありませんね…。開発者も忘れているのではないでしょうか。

GvGのちょっとした盲点 09:24

404 Not Foundより。

ただし、出血で死亡した場合デスペナルティがあります…

知りませんでした。最近はアシッドテラーがよく使われるので、知らないうちにデスペナをくらっている人もいるんでしょうね。

*1:金ゴスなら、普通に歩いてれば大魔法地帯を抜けられるはず

会議出てた人会議出てた人2005/09/06 03:30どこか攻めてくるのは見えてたよ。
だからあえず防衛開始で始めた訳だし。
エンペまで抜けてくるプリっていうか
プリを相手にしても仕方ない時間だったし、
プリ以外を確実に倒していく方がエンペ守れるし。

書き忘れ書き忘れ2005/09/06 03:33念の為ギルド移動しなきゃいけないことを忘れていた人orz

secseeksecseek2005/09/06 14:31なるほど。確かにそろそろ攻められてもおかしくはなかったですね。むしろ、今まで攻められなかったのが不思議なくらいと言うか…。プリに関して言えば、僕自身気付いても放っていました。ちょっと落ち着いて考えれば、エンペ殴ってもムダだってすぐ分かりますしね。
ところで、書いてから気付いたのですが、ささみ同盟さんは今週、臨時同盟だったのですね。もともと多かったものがさらに多くなるということでしょうか。果たして脅威になりうるのかどうか、楽しみです。