Hatena::Groupragnarok

Seak's Notes RSSフィード

2005-05-27 (Fri)

PT向け育成 21:06

前回のエントリで不足の部分があったので補足します。PT狩りと書いた場合、ここでは原則としてペアを意味します。なぜなら、3人以上いるならば、ステータスなどもはや関係なく、どこへ行っても狩れてしまうからです。現状のROにおいて、難関と言えばおそらく城2、亀3、ノーグ2の三つでしょう。このどこへ行ったとしても、僕のプリならば耐えられます。もちろん、数が多くなれば限界はありますが、少なくとも通常の場面で問題となることはありません。かなり控えめに見ても、現在の僕のクルセイダーがこのプリと比べて、前衛としての能力が劣ることはありません。なぜなら、HPDEFプリよりも高く、HPRがあるために白ポーションを飲んだ場合の回復量が多いからです。プリには自ヒールがありますが、ここでは3人以上のPTを前提としており、ROPTでは一般にプリがその中にいます。従って、自ヒールは決定的な差とはなり得ません。ただし、ケミの場合はプリより優れているとはとても言い難いので後で考えてみることにします。

さて、クルセイダーのペア狩りにおいてSTR型とAGI型のどちらがよいかということですが、これは、一般的にSTR型がよいとされています。詳細については健康を守るコエンザイムQ10の働きにおいて述べられています。クルセイダーテンプレートによると、AGI>STR型はソロ向けであり、STR>AGI型はPT向けであるとされています。そもそも、だからこそ僕はSTR型を作ろうと思ったわけです。ところで、クルセイダーテンプレートではなぜSTR型がPT向けかということについての根拠についてほとんど言及されていません。そこで、僕の考えを補足しておくことにします。STR型がAGI型と比べてPT向けであるのは、防御能力がほぼ同等であるのに対して殲滅力で上回るからです。これは、PT狩りのときのみに言えることです。なぜなら、ソロ狩りならばAGIが高い方が防御能力が高いことは自明であるからです。では、逆になぜPT狩りならばAGIが低くても防御能力が低いということにならないのかと言えば、それはプリーストの支援があるからです。STR>AGI型とAGI>STR型のFleeは、多くても20程度の差です。プリーストの支援がある場合、この程度の差は決定的とはなり得ないのです。なぜなら、多少ダメージを多く食らってもヒールで回復できるからです。逆に、STR型がヒールをもらっても耐えられない状況である場合、Fleeが20多くても決定的な差とはなりません。むしろ、殲滅力が低い分だけ事態の打開が遅く、より困難な状況になりやすいと言えるでしょう。また、囲まれた場合はそれがより一層顕著です。囲まれたら避けられないのは、AGIを防御ステとして選んだ場合の宿命です。ピクミンという言葉からも分かるとおり、そのような状況下でAGIという防御ステは意味をなしません。そのような状況は、一刻も早く打開することが望まれ、それをなしえるのはAGI型ではなくSTR型です。特にクルセイダーの場合、不死や闇相手ならばHXを使用できます。HXは聖属性攻撃であるため、特化属性を併用可能です。倍率はダブルストレイフィングより高いので、ダメージとしてはハンターとまでは言わないものの、雷鳥ダブルストレイフィングと似た程度のダメージを与えることが可能です。

なお、GHや時計、ニブルについてのコメントがありましたが、いずれにしてもAGIに振る意味はありません。なぜなら、AGI99にゴキC+チョンチョンC+亡者HB+QSd*1ブレイドと言った非現実的なAGI装備に身を固めたとしても、回避することは不可能だからです。特に、3体以上に囲まれた場合は絶望的です。避けようなどと期待するのは、クルセイダーだけでなくハンターでも無駄なことでしょう。おそらくそれでも避けられるのはシーフ系の職のみです。ただし、彼らも4体以上来たら結局は同じことです。ソロ狩りでは十分と思われますが、PT前衛としては不満でしょう。とは言え、それでもシーフ系二次職やハンターならばある程度避けられる上に、AGIが殲滅力に大きく寄与するので限界まで振る価値はあります。しかしクルセイダーの場合には、その価値はありません。

さて、ここまでVIT型については言及しませんでした。僕は、PT狩りの前衛としてもっともふさわしいのはVIT型であると考えています。にもかかわらずVITを考えていないのは、単にVIT型が好きではないからです。VIT型が好きではない理由は、殲滅が遅いからです。いくらPTを考えるとは言え、ROPTだけではほとんど成立しません。結局多くの時間をソロで過ごすことになるため、そのソロ狩りを快適に過ごすことを考えなければならないのです。ソロ狩りにおいては、VITには大きな意味がありません。若干の安定性向上には寄与しますが、安定性がない方がPスキルによって補助する余地が大きくなり、楽しいと言えます。

一応、現状で十分としていた3人以上のPTについても考えてみます。この場合も、僕はSTR型の方がより良いと考えます。なぜなら、クルセイダーは回避能力がきわめて乏しく、AGIを上げることによって回避能力を向上させることにほとんど意味がないからです。そもそも、PT前衛には回避能力が必要ではありません。それは、圧倒的な回避能力を誇るアサシンが、PTにおいてピクミンと呼ばれ、蔑まれていたことからも明らかです。また、回避能力はクルセイダーよりもハンターの方が高く、避けるだけならクルセイダーの存在価値がないからでもあります。クルセイダーはあくまでも避けることではなく、耐えることに価値があります。したがってAGIに振る意味はなく、VITが嫌ならば、ソロ狩りを考慮してSTRがもっとも適切なステータスと言えるのです。もっとも、ソロ狩りを考慮したときにAGIの方がよいと考えた場合、3人以上のPTSTRを振る意味はあまりないので、AGIでも良いのかも知れません。ただし、STRに振っておけば危機的な状況を打破できる可能性が出てきます。AGIに振ってしまっては囲まれて沈むのみで、MHの破壊は難しくなります。AGIに振ることによる利点はありますが、残念ながらクルセイダーという職自体がAGIを防御ステにすることには向いていません。なぜなら、回避能力を向上させる手段がないからです。従って、AGIに振るのならばクルセイダーよりも他の職が適しています。

次にアルケミストについて考えてみます。まずペア狩りですが、アルケミストの殲滅力の低さは決定的です。その能力の低さは全職随一であり、何としても補う必要があります。防御面はプリーストの支援によってどうにでもなるため、殲滅力の向上が必須です。そのとき、アルケミストは基本ASPDが低くASPDを向上させるスキルも持たないため、AGI向上によるASPD向上はたいした効果がありません。ROのASPDはAGIが10上がることに2上がります。ASPDが2上がるということは攻撃ディレイが0.04秒短縮されることを意味します。これは、元のASPDが高いほどその効果が高いことになります。分かりづらいので例を挙げると、5秒から4秒に減った場合、攻撃速度は20%向上したことになります。しかし、3秒から2秒に減った場合は攻撃速度は33%向上したことになります。同じ1秒でも、元の速さが速いほどより速くなることになります。そして、アルケミストの基本ASPDは低いので、ASPDを向上させることに大きな意味がないことになるのです。これに対して、クルセイダーの場合は若干基本ASPDは高いため、AGIに20ポイント振ることで、0.08秒、狂気込みで0.1秒ほどの攻撃ディレイ短縮が見込めます。しかし、これはソロ狩りにおいては大きな差ですが、大ざっぱな攻撃が主となるPT狩りにおいては些細な差に過ぎません。クルセイダーの話はここまでにするとして、要するにアルケミストの場合はより一層、殲滅力向上のためにSTRに振ることが必要なのです。修練など、殲滅力を補うスキルを持たない分、その深刻さはクルセイダーを上回ると言えるでしょう。実際、AGI>STR型が主流のAGI片手クルセに対して、AGI戦闘ケミの場合はSTR=AGI型が主流と言われています。これは、殲滅力の低さ以外にも要因があります。一つ目はスキルの乏しさです。アルケミストは有用なアクティブスキルが乏しいために、INTに振ってSP回復力を確保する必要がほとんどありません。二つ目はDEX補正の高さです。BSの武器研究のようにHit補正のあるスキルこそないものの、DEX補正が高いためにDEXを若干ながら低めに抑えることが可能です。

最後に、STR剣士系だからこそできる芸当を示してみたいと思います。

f:id:secseek:20050527224438:image

このあと、こいつらをすべて片づけることができました。クルセイダーではこれほどのことはできません。それを示すかのようにクルセイダークリストフさんが見事に死んでしまっていますが、それでも事態の打破は前衛の特権です。なぜなら、後衛では集中する攻撃に耐えられず、死んでしまうからです。手綱2個とスケルボーンが落ちていることから分かると思いますが、もともとはここに深淵が2体とカリツがもう1体いたのです。他の職にできることを、より劣る能力でやっても意味がないわけで、前衛ならば前衛ならではの特色が必要です。耐えるだけなら誰でもできます。必要なのは、その上で事態を解決し、収拾する能力ではないかと思います。攻撃に転じれば死んでしまう、かと言って守勢に回るだけでは事態は解決しない、STR型の前衛は、そんなジレンマを解決する能力を秘めていると思うのです。もちろん、そんな能力が必要になることなど、そう多くはないでしょう。しかし、いざというときに発揮できる力を備えていることが重要なのではないかと思うのです。現状のROは簡単すぎて、そういう場面でもなければキャラの特色を出せない、ということも言えるのですが。

*1:「シュルード」雌ゴキC