Hatena::Groupragnarok

Seak's Notes RSSフィード

2005-05-26 (Thu)

AGISTR-INT13:40

AGI型で殲滅力を上げる場合、AGIを上げる方法とSTR-INTを上げていく方法の二通りがあります。クルセとケミ、それぞれでどちらにするか考えてみたいと思います。

そもそも、クルセはPT用ということでSTR型にするつもりでした。しかし、現状ではあまりPTプレイをしておらず、PTに参加しても殲滅力となることはまれです。そもそもそういう職ではないので当然だとは思いますが。一方、ケミAGI型にする予定でしたが、こちらは逆に、修練などの補正がない上にASPDが若干低く、避けられなくても肉連打でどうとでもなるということが分かってきました。これは、それぞれ逆にして、クルセをAGI型にしてケミSTR型にした方がいいのではないかと思えてきました。

ケミの場合、欠点なのか利点なのか微妙なところなのですが、とにかく特徴として使えるスキルが恐ろしく少ないということが挙げられます。このために、殲滅力向上の際にさほどINTに振る必要がないということが言えます。一方でクルセの場合、バッシュにしてもHXにしても単発のスキルであるため大変にSPを消費します。従って、STRと同時にINTも上げていかなければ殲滅力向上には結びつきません。

どちらにせよ、AGIを上げるとソロ向きになり、STRを上げるとPT向きになることは間違いなさそうです。まあ、もう少し考えてみますかね…。

プロボかバッシュHX13:16

下に廃兄貴の計算について書いていますが、もう一つ廃兄貴についてです。これは弓兄貴にも言えることなのですが、僕のクルセはINTが21+6しかないため、スキルの選択肢が非常に限られています。平たく言えば、Mob1体につきスキルを1回しか使うことができません。それぞれの利点と欠点を考えてみます。

プロボック

利点
  • 射程が長い
  • 消費SPが少なめ
欠点

バッシュ

利点
欠点
  • スタンさせるが、持続時間が短い
  • 射程が短い

HX

利点
  • 射程がちょっと長め
  • 暗闇にする確率がちょっと高い
  • 威力が最も高い
欠点
  • 消費SPが多い

初めはプロボックを使っていました。というのも、廃兄貴DEFが高いため、プロボがもっとも効果的ではないかと思ったからです。しかし、ふと思い立ってバッシュを試してみたところ案外悪くないと感じ、ちょっと比べてみました。

すると、どうもプロボよりもバッシュの方が早いようです。それなら、MobATKが上がってしまうプロボを使う理由はもはやありません。やはりこれは、PTスキルなのでしょうか。

で、ここまで完全にHXを忘れていました。というのも、HX暗闇にできるのは不死悪魔だけだと思いこんでいたからです。アホですね。ちなみに、不死悪魔限定なのはGXです。ほのよんさんに指摘されて、それでも信じられなくて調べてみてようやく、HXは相手を限定しないことが分かりました。実際、それまでHXによる暗闇が不死悪魔以外に通ったことはなかったのですが、廃兄貴に撃ってみたら意外と悪くない成功率でした。決して高いとは言いませんが。計測してはいませんが、体感で20%程度でしょうか。基本値が30%で、耐性を考えると妥当なところではないかと思います。

結論から言うと、HXが一番良さそうです。暗闇は気休めなのですが、それよりも射程の微妙な長さが使えます。ペコで走っていって殴っているため、頻繁に座標ズレを起こしてバッシュだと当たりにくいのです。で、倒すのが早くなったのはいいのですが、そのおかげでHPRが出なくなってしまいました。まあ、仕方ないということで。

ところで、現在の西兄貴にはやたらとBOTがいます。特に、スナイパー横殴りBOTが大変に不愉快です。また、僕が気付いていないだけでどうやら人感知BOTがいるらしく、食いかけの廃兄貴が大量に放置されています。気をつけましょう…と言っても気をつけようがありませんが、注意した方が良さそうです。今まで、金銭効率の悪い狩場にはあまり出没していなかったのに…。

実質回避率はいくつか 12:08

クルセイダーFleeは現在、187です。レベル84にもなってそれしかないのかよ、と思ってしまいますが、回避の補正がない職の宿命ですね。それにしたって、81のケミだって190を越えてますから、やはり少ないと言えば少ないのですが。これはもともと、STR>AGI型にしようと思っていたからです。

で、実質の回避率ってのはどういう話かというと、クルセイダーにはオートガードというスキルがあるために、確率で言うとFleeのみで得られる回避率よりも高いということになるのです。僕の場合はさらに、宇治金時さんにパワクリを貸したとき、代わりにヨヨクリを借りたので完全回避が11という数値になっています。完全回避ではスキル攻撃を回避できませんが、面倒なので考えないことにします。それにしても、パワクリとヨヨクリはだいぶ値段が違うような気がしますが、まあ、誤差ということで良しとしましょう。

それで、現在こもっている西兄貴で計算してみます。廃兄貴の攻撃を95%回避するために必要なFleeは209です。先程述べたようにクルセのFleeは187です。まるで足りてませんね。しかし、これでも問題なく狩れるのです。HPRのある剣士系の強みと言ったところですね。まずFleeのみの場合は、回避率69%です。3割は当たるということですね。こんなんでよく狩れるもんです。で、オートガード完全回避を計算してみると、…71%?ほんまかいな。これしか減ってないのか。なんか不安なので、手計算でやってみます。

ハイオークの95%回避が209でクルセのFleeが187ということは、回避率は73%ですね。ってROratorioの数値はこの数字ですね。回避率表示にはヨヨクリとAGは計算されないようです。さて、ここにAGとヨヨクリを加えてみましょう。AGは5なので、回避率は21%です。ということは、AG5の時点で回避率は73%から78.67%まで上がります。ここからさらにヨヨクリ2個で…ってヨヨクリにはAGI+1の効果もあるんでした。えーっと、計算やり直しですね。

まず、初めの回避率が71%で、ここからAG5で77.09%になります。で、ヨヨクリ2個でAGI+2したあげくに完全回避が上がると80.803%まで上がるようです。なんか細かい計算でずいぶん苦労してしまいました。

要するに、確率にして約10%、全体に対する比率にすると3分の1を回避できる計算になります。つまり、AGとヨヨクリによって被ダメが3分の2に減っているわけです。まあ、こんな計算をしなくてもROratorioに1撃当たりの被ダメを計算する機能があるのでそれを見てみればはっきりします。

  • Fleeのみ:平均被ダメ 46.8(71%)
  • Flee+AG5:平均被ダメ 36.97(77.09%)
  • Flee+AG5+ヨヨクリ*2:平均被ダメ 30.92(80.803%)

まあ、やっぱり3分の2になってますね。ヨヨクリ作ろうかなぁ…。

ついでに弓兄貴も見てみます。

  • Fleeのみ:平均被ダメ 80.12(33%)
  • Flee+AG5:平均被ダメ 63.29
  • Flee+AG5+ヨヨクリ*2:平均被ダメ 55.21

やっぱ3分の2でしょうか。それにしても回避率33%って、AGI型のくせによくこんな数字で狩れるもんです。まあ、廃兄貴のASPDが125で、弓兄貴に至っては102しかありませんからね…。その辺が大きいのでしょう。

おまけ

試しに幸運剣を追加してみます。

  • Flee+AG5+ヨヨクリ+幸運剣:平均被ダメ 23.76(84.6424%)

やっぱ効きますねぇ…。

おまけ2

ついでなので、Fleeのみで95%を達成していたら、その後AGやヨヨクリでどれだけ増えるのか見てみましょう。と言うか、本来はそれがAGの最大の利点と言われていたはずなので。

  • Fleeのみ 95%
  • Flee+AG5 96.05%(21%減)
  • Flee+AG10 96.5%(30%減)
  • Flee+AG5+ヨヨクリ*2 96.445%(28.9%減)
  • Flee+AG10+ヨヨクリ*2 96.85%(37%減)

AG10とヨヨクリ2個なら4割近く減るんですね。

Web拍手設置 12:04

Web拍手を設置してみました。

という感じです。気が向いたら押してやってください。

月影月影2005/05/26 17:46>AGIを上げるとソロ向きになり、STRを上げるとPT向きになることは間違いなさそうです
これ、反対だと思ふ。
PTにおける前衛の仕事は先ず避けるか耐える事。(勿論ペア狩りの時は別ですが)
火力に関しては魔法や弓に任せてAGI(とDEX)を優先すべきかと。(VITを少し上げておく手もアリ)
今後GHや時計、ニブル(渓谷)辺りで前衛を務める事を視野に入れるならSTRは後回しでいい気がします。