Hatena::Groupragnarok

Seak's Notes RSSフィード

2005-04-06 (Wed)Everlasting Wanderers

支援の感触 12:26

このグループの人で支援の感想を書いている人がいて、結構おもしろかったのでネタをパクってみます。ごめんなさいごめんなさい。

支援プリと一言で言っても、それぞれで考え方が違うのでおもしろいのではないかと思います。ちなみに、複数の対する支援の考え方は、プリーストの位置づけ - Seak's Notes - ラグナロク オン はてなに書いてみました。

[][]AGIハンター 12:26

初めは、圧倒的に組む機会が多かったハンターさんです。と言うのも、ギルド創設時からの知り合いがいたからです。比較的レベルが近く、僕よりもずっとレベルアップが速かったにもかかわらず、上納したり他のキャラを育てたりしてずっと僕に合わせてくれていて、感謝してもしきれません。それにしては、何も恩返ししていませんが…。結局結婚したのですが、指輪とタキシードはその人に買ってもらっちゃいましたし!いや、お金は出しましたよ。1.3M!今でもお金持ちではありませんが、その当時の僕はかなり貧乏で大変な金額でした。でもそのときは確か、たまたま何かのレアが出て、ちょっとだけふところが暖かかったような記憶があります。

さて、それでハンターさんとの感触です。いくつか評価基準を考えてみます。効率については言うまでもないでしょう。ハンターさんのPスキルによるところもありますが、ハンターと組んで効率が低いと思うなら、本気で支援プリをやめるかどうか考え直すべきじゃないかと思います。最高ではありませんが、決して低くはありません。ブレスIAマニピグロだけで、90台なら800k/hくらいは期待できます。そもそも、基本的にソロが最も稼げるROで、支援プリに過度に期待するのは間違っているのではないでしょうか。

ほとんどの人効率などそこまで気にしないと思うので、次です。支援の難度としては、これもハンターさんのPスキル依存しますが、かなり低い部類に入ります。ハンターシーフ系に次いでFleeが高いため、防御能力で不安を感じることは少なくなっています。そうは言っても盾が持てず、HPも低い職なので死にやすいのは確かですが、それを補うだけの、圧倒的な殲滅力があります。やられる前にやる、を体現できる職なのです。どこかで書いたような気がしますが、前衛、支援、後衛がそろったPTの場合、ハンターが手加減をしないと、前衛の仕事がなくなってしまうほどです。最近は、ノーグロードニブルと言った、敵HPの高いマップが登場してきたため、そうでもないのですが。ヒールをすること自体、ほとんどないと言っていいのではないでしょうか。ただし、囲まれた場合の支援は至難です。避けきれなくなったら、あっと言う間にHPが削られます。プリは、ターゲットを奪って敵の数を減らしたり、全力でヒールをしたりするなどの判断を迫られます。POT連打に期待してはいけません。ハンターには、POTを積載できるだけの重量の余裕がないからです。むしろ、大量にPOTを積載してくるハンターがいたら、逆にやる気がないと疑ってもいいかもしれません。ハンターは、DS型でない限り、矢の数と戦闘可能時間がほぼ比例します。POTを積んでくるということは、さっさと帰りたいということになるでしょう。一概に言えない部分もありますが…。

[][]VITバード 17:58

VITバードはお座り決定。戦闘能力なんてないからまともに戦おうとするだけ損、だなんて聞いたことはありませんか。Gv用のバード育成ではよく聞かれる話ですね。では、試してみましたか。おやおや、おかしいですね。試すこともせずにそんなこと言っているのですか。おかしいですね。よく考えてみてください。弓職の殲滅力は極めて高いです。ましてや、VIT型に共通する特徴として、防御ステであるVIT特化しなくても攻撃力を上げられるということが挙げられます。つまり、低レベルのうちからきわめて高い殲滅力を誇る職であるということです。

バードの欠点としてはHPが挙げられます。しかし、VIT型ならHPはそこまで低くありません。VIT1のハンターよりはだいぶ多いでしょう。そして何より、楽器で戦えば盾を持てます。三減盾の効果の大きさは、使ったことのある人なら誰しも実感していることでしょう。楽器じゃ殲滅力が低い。ああ、そうですか。常時2k以上のダメを出すことができますが、それでも低いとしましょう。なら弓を持てばいいだけです。これなら3kは越えますし、相手によっては4k近いダメージにもなるでしょう。そりゃスキルを使えばそうなるだろうけど、常時スキルを使えるわけがない、とおっしゃいますか。DSの消費は12で、FWの消費は40です。INTが違うとは言え、マジシャンは普通にFWを使っていますね。SPが不足していますか?そんなことはありませんね。バードマジシャンSP補正値は同じです。消費12のDSや、ましてや消費8のMSSPが切れることなど、バードにはまずありえません。SPが切れる前に、スキルの使いすぎで指がつるでしょうね。

VITバードを支援するなら、プリである必要すらありません。マニピがきわめて効果的なのでプリの方が優れているのは確かですが、アコですら十分な支援が可能です。とりあえずヒールだけかけておけば、きわめて高い殲滅力で敵を狩ることが可能です。ペア狩りすれば、アマツ1の倍くらいのペースで稼いでくれます。銀矢を使えますから、も必要ありません。グロもいりません。高DEX弓手系に、サフラなんぞ無縁です。キリエはない方がいいです。なぜなら、VIT型のMSは、ダメージを受けるとモーションディレイがなくなり、すぐに次のMSを撃つことが可能になるからです。つまり、ブレスIAマニピヒールの基本的な支援だけしておけば、その他の特殊な支援を一切必要としない、支援が楽で強力なタイプなのです。また、現在はまだ、スキルによって矢を消費しません。このために、ハンターと違って回復アイテムを持つことが可能です。

欠点としては、範囲攻撃が乏しいこと、危機回避能力がないこと、耐久力が低いことが挙げられます。範囲攻撃がないので、囲まれないように戦う必要があります。ただ、囲まれても、単体攻撃ですべて殲滅するだけの能力はありますが。危機回避能力がないとは、アンクルやサンドマンのようなスキルを持たないことを意味します。こればかりは、注意して戦うしかないと思われます。耐久力が低いとは、VIT型とは言っても、元が二次職の中でWizの次にHPが低い職だということに由来します。後衛としては耐えますが、それでも前衛ほどではありません。VIT騎士と比べれははっきり見劣りします。しかし、これは当たり前のことで、後衛と組むときはどの職でも同じことが言えるでしょう。

そのほかの問題としては、プリには負担がかからないものの、バード本人は非常に苦労することが挙げられます。これはROインタフェースの問題で、常時スキル攻撃をする場合、ファンクションキーを連打することになるので指が疲れるということです。また、歩くペースを誤って囲まれた場合、状況を打破する手段が乏しいので、その点も苦労するでしょう。判断の早いバードなら、戦う前にブラギの詩を使用するかもしれません。バード本人には特に影響を与えない演奏スキルですが、これによってプリの支援がきわめて速くなります。倍くらいのペースでヒールを連発することも可能になるので、それだけでも耐久力はかなり増すことになるでしょう。

なお、支援とは特に関係ありませんが、殲滅力の高いVITバードも、ソロとなると回復能力のなさはどうしようもありません。弓職に回復アイテムを持つ余裕などあるわけもなく、ひたすら休み続けるしかありません。何でも、レベル80台後半でも、効率は170k/h程度しか出ないとのことです。これは、二次職の中で最弱の名をほしいままにしているケミと比べても、3分の1程度にしかならない数字です。