Hatena::Groupragnarok

Seak's Notes RSSフィード

2005-02-23 (Wed)

ジオグラファーの体感

昨日は仕様だけを見て書いていましたが、実際に使った感触を書いてみようと思います。

まず言えることは、期待通りの性能ということです。特にこれと言った問題もなく、使い勝手は上々です。射程もそこまで広くないので、横殴りの心配はなさそうです。それでも射程が欲しければフェアリーフもいます。

そうは言っても、超強力というほどでもありません。確かに便利ではありますが、プラントボトル消費という制約条件はあいかわらず十二分に厳しいものです。また、ATKが高いとは言え、ASPDは134.6しかありません。そこまで殲滅力は高くないと言えるでしょう。むしろフェアリーフの方がASPDは高く、ダメージだけを期待するならフェアリーフを2体召喚するのがもっとも良さそうです。

ヒールについては、1064回復という効果は非常に大きなものです。ただ、キャスティング1秒とディレイが4秒ほどあり、プリヒールと同じように考えていると痛い目を見ます。MHで回復してくれるほどではないと言えるでしょう。

他の職と比べてみると、ヒールについてはプリーストに優るものではありません。支援もありませんし、回復役としてはプリーストの方がはるかに優秀と言えます。次に攻撃については、確かにケミよりも優秀ではあります。しかし、ASPDの遅さを考えると、ケミ本人と合わせて考えても、ナイトクルセイダーBSアサシンローグなどの近接職と並ぶ程度と言えるでしょう。こういうスキルは、ケミよりもむしろBSに実装すべきだと思います。そうすれば製造BSがあれほどつらい思いをしなくて済むのに、と。

しかしながら、重要なのはその双方を兼ね備えることです。それなりに高い攻撃力とヒールによる回復の二つを同時に、なおかつ自動でしてくれるのは独特のものです。スキルとしては十分実用範囲だと言えるでしょう。こんなことなら、実装前にフローラを使いまくったりしなければよかったと、少々後悔しています。

PTでも使ってみました。すべてAIで動いていて、一帯いつヒールが来るか分からないという不安はありましたが、どうやらGD3くらいならうまくいくようです。しかし、この程度の性能だと、GHニブルあたりだと苦しくなるかもしれません。やはり、自分自身を鍛えるしかないのかもしれませんね。もっとも、明らかに殲滅力の補助としては有効なので、より防御ステータスを上げやすくなったと言えるかもしれません。素AGI91のケミが、これから増えてくる可能性があります。

ちなみに、僕のケミはレベル75でAGIは81+8、Fleeは185となっています。

[]ギルド資産

アサシンより寄進を受けました。品は以下の9点です。もともとギルド資産だったものも含まれているような気がしますが、細かいことは気にしない方向で行きましょう。

  1. +4ライトサンダル
  2. +4エキストラメントル
  3. ヒールクリップ
  4. +4メントルオブデザート
  5. +4エリュダイトサークレット
  6. イヤリング
  7. +4ソウルエンチャンテドシューズ
  8. +4ヘビーガード
  9. +4ブルータルガード

3番目あたりにとんでもないものが混じっていますが…。何かの間違いではないでしょうかね。

[]Wikiについて

ここ数日、Wikiroomがダウンしているようです。別のURLリダイレクトされているようですが、詳細はよく分かりません。特に管理者からの連絡もありません。Prismatic ShootのWikiだけでなく、クルセイダーテンプレートWikiなどもダウンしているので、Wikiの内容に問題があったということではなさそうです。

[][]新しい戦術

前回のGvGを経て、まだまだ混乱状態が続いているようです。大魔法が出やすくなったことで、明らかに大魔法の重要性は増しています。さらに、LoVにも暗闇効果が付加されたことや、ヒットストップ効果もあることから話題に上っているようです。

LoVの有効性

LoVの有効性について考えてみようと思います。

LoVは、ダメージソースとしては、基本的に期待できない魔法です。ダメージを与えられるのはSGMSの対策として、水鎧を使っている人に限定されるでしょう。

ヒットストップ効果も微妙です。LoVは40回当たっているように見えますが、ボルトやMS同様、サーバ上では最初の1回しかヒットストップの処理がなされません。とは言え、広範囲に対して、持続的にヒットストップ効果を持つと言われています。MSは落ちた瞬間だけヒットストップの効果があるのに対して、SGLoVは効果時間中、ヒットストップ効果が持続するのです。SGは同じ場所に一つしか出せませんので、残るのはLoVしかないわけです。ただし、LoVも一つしか出せないので、使用するのは一人か二人で十分ということになるでしょう。

その一方で、プレイヤーPCに負荷を与えるという効果も上げられています。LoVはエフェクトが大変派手なので、低スペックPCを使っている人をある程度妨害することができるのです。PCスペックGvGでの性能が変わるというのは何ともおもしろいところです。高性能のPCを使っていればエフェクトを入れることができ、低スペックPCでは見られない魔法演奏の効果範囲を確認することができます。これは大きなアドバンテージと言えるでしょう。このPCへの負荷という意味では、サーバ上では適用されていない40回のヒットストップも似たようなものです。実際には適用されていないとは言え、画面上で見れば止められているようにしか見えません。LoVの効果をすべての人が認識しているとは考えづらいので、動けるにも関わらず動けないと思いこむ人を増やすには効果的な魔法と言えます。

スナイパーの使いどころ

元々罠とASくらいしかやることのなかったハンターですが、スナイパーになってもそれほど大きくは変わらないようです。シャープシューティングがどこまで効果を発揮するのか興味深いところではあります。

ところで、ASなら雷鳥がやればいいという意見もありますが、これは少々極論と言えるでしょう。ASを使用するのに雷鳥の方が適しているのはおそらく間違いありません。雷鳥の方がSPが多いからです。しかしながら、雷鳥には雷鳥にしかできない役割が数多くあります。雷鳥が有り余っている同盟ならともかく、そうでもないならば、とても雷鳥をASに回すことはできないでしょう。ASは、遠距離から複数の敵を足止めできる優秀なスキルです。そして、ハンターというありふれた、数の多い職が使うことで、結果的に多くのASを使うことができます。たくさんいなければ意味は半減してしまいます。

スナイパーの役回りとしても、結局この延長となってくると思います。つまり、基本的には足止めをし、シャープシューティングの効果範囲に多くの敵が来たら一気に連発するような形になるのではないでしょうか。

アローバルカンの威力

昨日、PvPへ行ってアローバルカンを食らってきました。撃ってくれたジプシーさんはまだDEX120らしいですが、VIT60でHP7526のプリが、LA込みで6000ほど食らってしまいました。GvGLAは期待できませんし、当然ながら人間盾を持っているとして、DEX150まで行ったらその他諸々で2000というところでしょうか。いい加減な計算なのであてにはなりませんが、実戦には若干苦しいものがあるかと思われます。とは言え、単体攻撃系スキルで最大級の威力を誇る上、おそらくブラギの詩によるディレイカットもできるでしょう。習得して無駄になるものではないと思われます。それ以前に、レベル上げに大変便利そうなスキルですが…。ただ、阿修羅以外の単体攻撃スキルは、GvGにおいてどれも決め手にはなり得ないでしょう。レーサーですら、10人以上はいるのですから、時間をかけてたった一人を倒すことに、それほど大きな意味があるとは考えにくいのです。

EDPの効果

クリティカルによるダメージがたかだか250程度、EDP1のアサシンクロスさんに殴られてみました。すると、何とダメージは980ほど。まるで未完成であるにもかかわらず、すさまじい攻撃力です。ただし、コストは100kを下らないと言われており、経費の管理はかなり難しいことになりそうです。

また、アサシンの時点ですでに、エンペ割りにはもっとも適していたと考えられますが、アサシンクロスになって、明らかに他職を引き離しました。エンペレースでは、運に頼らずエンペを叩き割れるだけの高い能力を持っていると言えます。また、後衛職にとっては脅威です。特に、ウィザードなどの既存後衛職は、おそらく4,5回殴られたら死んでしまうことでしょう。アサシンが5回殴るのには、2秒かかりません。シーズモードの影響を受けないのが重要なところではないかと思います。あくまでも、攻撃力を4倍にした上で通常攻撃をするだけなのです。

ソウルブレイカー型アサシンクロス

その姿は待ちガイルと称するにふさわしい。

アサシンテンプレートより。かなり笑った…。

与一与一2005/02/23 19:34シークさん大変重要な事実を忘れているっ
LOVは・・・オブジェクト消耗がでかいことだ!

SeakSeak2005/02/24 00:18どうも前回のGvGを見ている限り、オブジェクト消費については神経質にならなくても良さそうな感じがします。本当にほとんど不発がなかったので。でも、不発するようであれば、LoVはやめといた方が良さそうですね。