GvG

GvG

ギルド攻城戦のこと。Guild vs Guildの略。

毎週日曜日20:00-22:00の間、プロンテラ、フェイヨン、ゲフェンアルデバランの各都市周辺にあるで行われるイベント。プロンテラ北にはヴァルキリーレルム(V)、フェイヨン西にはチュンリム(C)、ゲフェン南西部にはブリトニア(B)、アルデバラン西にはルイーナ(L)というGvG用の地区があり、それぞれ5箇所、計20箇所のがある。

を獲得するためには、ギルドスキル「正式ギルド承認」を覚えた上で、エンペリウムギルドメンバーの誰かが破壊しなければならない。正式ギルド承認がなければ、エンペリウムを攻撃することができない。なお、エンペリウムに対しては、バイオプラントで召喚したフローラによる攻撃とスフィアマインで召喚したマリンスフィアによる自爆以外の、一切のスキル攻撃が無効となる。

攻城戦時間内、の内部はシーズモードという特殊な設定が適用される。その特徴は以下のとおりである。

  • スキル攻撃、遠距離攻撃によるダメージが60%に軽減される。
  • ダメージ表示、回復量表示が出ない。
  • ノックバックは無効となる。
  • インデュア、およびインデュア効果のあるアイテム(アンティペインメント)は無効となる。
  • フェンCの効果のうち、詠唱妨害を防ぐ能力が無効となる(詠唱時間増加のデメリットのみになる)。
  • 簡易エフェクト(/mineffect)がONに固定される。
  • ハンターの罠の設置時間が4倍に増加する。
  • レイヤー以外*1へのダメージが、の防衛値によって変化(10%-200%)*2する。
  • Ctrl+左クリックによるロックができない。/ncがONになっていると、プレイヤーをターゲットできなくなる。
  • ギルドに加入したキャラクターの頭上にエンブレムが表示される。
  • 戦闘不能になっても経験値が減少しない。
  • 戦闘不能になると、自動的にセーブポイントに戻される。
  • Hitが30-40増加する。
  • 古木の枝を使用できない。
  • テレポート、ハエの羽、インティミデイトが使用不可能となる。蝶の羽は使用可能である。
  • アイスウォールが使用不可能となる。
  • BSが作成した属性武器によるダメージはレイドCで軽減され、その他の属性耐性カードによって軽減されない。

を獲得すると、ギルドメンバーは各地区ごとに存在するアジトダンジョンに入ることが可能となる。また、0時にはごとに決まった宝箱が出現する。宝箱には、ここでしか入手できないアイテムが入っていることもある。

なお、GvGは日本独自の用語であり、他国ではWar of Enperiumを略してWoEと呼ばれるらしい。

*1モンスターガーディアンエンペリウム

*2:うろ覚えなので、間違いがあったら修正をお願いします。