Gv特化

Gv特化

GvG専用、あるいはGvGを最優先に考えて育成されたキャラクター。あるいはそのようなキャラクターのパターン。

GvGは、対モンスターとは事情が大きく異なるために、必要なステータス、装備、スキルもまた大きく異なる。このため、対モンスターの戦闘能力を犠牲にしてでもGvGで役に立つキャラクターの育成が行われる。どちらかと言えば、新二次職に多い。主な例を以下に挙げる。

死んだふりノービス
最近ではほとんど見られないが、あらゆる攻撃を受け付けない最高の防御スキルである「死んだふり」を使えるため、偵察・陽動用に配備されることがあった。特にノービス一人で防衛に入ってくると防衛側のプライドを刺激するらしく、大きく混乱させることもあった。
献身クルセイダー
他人のHPタンクとなるため、VITを最優先に上げて献身をかけるためのクルセイダーである。回復アイテムをたくさん積むためにSTRを上げるか、あるいはすばやく献身をかけるためにDEXを上げるかなど、サブステに関しては一概に言えない。
バードダンサー
アーチャー系は集中力向上などのスキルがある上にHPが少ないため、防御ステとしてはAGIの方が適している職であるが、GvGのためにあえてVITに振ったタイプである。特にスクリームが優秀なので、かなり低いレベルでも実戦配備されることが多い。スクリームダンサーの数は、中堅以下のギルドの場合は戦力に直接影響する。さらに極端な例として、攻撃用ステータスを完全に犠牲にしたVIT-INT型も存在する。この場合、自分一人ではまったく戦えないので、レベル上げは他人に依存することになる。
脱衣ローグ
GvG時間の間、ひたすら生き残り他人の装備を奪い続けるためのキャラクターである。
アルケミスト
相手の鎧を破壊する塩酸瓶を投げまくりながら、味方の防具を守るコーティングをするキャラクターである。とにかくやたらと経費がかかるため、実戦配備には本人だけでなく、所属ギルド戦略も関わってくる。
阿修羅モンク
防衛を抜けてきた敵を、阿修羅覇凰拳で確実に葬り去るためのキャラクターである。大量のSP回復アイテムを使用することが前提となるので、やはり経費が問題となる。
LPセージ
敵の大魔法を無効化できるLPを配置するためのキャラクターである。敵防衛を一気に無力化できるが、LPを設置するのはかなり難しい。理想的にはDEX-VIT型がよいとされるが、VIT-INTバードダンサーと同様、完全に攻撃ステータスを捨てているため他人への依存が必須である。