戦術

戦術

GvGで勝利するための、具体的な行動計画。そのうち、GvG時間全体ではない、限定された条件下のもの。

具体例をいくつか挙げる。

エンペリウム遅延防衛
遅延、延期などと呼ばれる。基本的に、防衛しようとするを格下が守っているときでなければ難しい。まず、攻城時にエンペリウムを割るのではなく、敵を全滅させる。そして、保持ギルドを変えないまま防衛を行う。そして、防衛中に攻め込まれて、を守りきれなくなったらエンペリウムを割ってしまう。こうすることで、一度敵をすべての外に追い出すことができ、再び仕切り直すことが可能になる。なお、エンペリウムを割る場合は確保、割らずに敵を全滅させる場合は制圧と言う。
WP防衛
一つのWP(ワープポイント)に対して集中的に攻撃する防衛戦略ROの仕様上、マップ切り替わりの時は画面が暗転し、操作がしづらく、マップ切り替え直後に移動するのが難しい。これを利用して、動きづらくなっている相手に集中砲火を浴びせるのである。
ロキ防衛
WP防衛の応用版。WP防衛に加えて、WP上にバードダンサーの合奏スキル「ロキの叫び」を配置する。そして、ロキの叫びの外から一斉に大魔法を浴びせる。これによって、相手のスキルを封じながら、防衛側だけが攻撃することになる。
時間差攻め
WP防衛に対抗するための基本的な攻撃戦術。まず、HPが多く大魔法の集中砲火に耐えられるVIT前衛、および大魔法を無効化できるLPを持ったセージ*1だけが突入する。そして、防衛側前衛を無視して一気に後衛陣まで攻め込み、大魔法の数を減らした上で後衛を突入させる。
カウンター
エンペレースでよく使われる。自分たちはの中に攻め込まず、の前で待機する。そして、どこかのギルドを獲得した瞬間に一斉に攻め込み、確保・あるいは制圧をする。を獲得すると、獲得ギルド同盟ギルドまでもが追い出されるため、攻めやすいのである。
スタートダッシュ
GvG開始時は、保持ギルド同盟までもが追い出されてしまう。このタイミングを狙って、開始直後にを攻め落とす。完全防衛*2を阻止したい場合によく使われる。
防衛ライン待ち
単にを獲得するだけでなく、名誉を求める場合の戦術。相手の防衛準備が完全に整ってから攻め落とすことで、力の差を見せつけることができる。正々堂々と言った印象を受けることから、一部のワールドで好んで使われる。
便乗
自分とまったく利害関係のない他のギルドが攻めているとき、その攻めを利用して自分たちも攻めること。攻め側ギルド同士で攻撃しなければ、単純に攻め手の数が増えることになって戦力が大幅に増える。成功すれば、同盟関係のない単独ギルドでも大手のを奪うことができる。
排除
自分たち以外の攻め手を攻撃し、殲滅すること。基本的には、攻め手ギルド同士で争うと、お互いが消耗するだけで防衛側が有利になるだけであるため、避けるべきだとされている。しかし、自分たちより明らかに格下のギルドが便乗してきていた場合、いても邪魔になるだけだと判断して殲滅を試みることがある。
封鎖
攻め手側が防衛ラインを展開すること。防衛側ギルドと他の攻め手を区別することは通常できないため、他の攻め手は排除することになる。防衛側ギルドがエンペ部屋にこもっていたりする場合、相手の死に戻りによる復帰を防ぐために用いられる。
出張
GvG時間終盤で、を確保できることが確実となったとき、同盟の一部を他のに派遣すること。成功すれば一つの同盟で二つ以上のを獲得することができるが、当然、居城の戦力は低下する。同盟を組んでいない単独ギルドではほぼ不可能と思われる。
攻めまわり
勝つための戦術ではない。名誉を求めたり、単純にGvGを楽しんだりするために、防衛を放棄してひたすら攻めを行う。攻め落としたらすぐにそのを放棄して別のへ向かう。
オブジェクト消費
WP防衛では、大魔法を大量に使って防衛するだけにオブジェクト消費がきわめて激しくなっている。そのため、攻め込む前にオブジェクトをたくさん出しておき、防衛側の不発を狙う戦術である。ただし、本当に有効かどうかは不明である。

*1:それに加えて、セージに献身をかけるクルセイダーがいるとなおよい。

*2:2時間のGvG時間中、一度もエンペリウムを割られずに守りきること

* はてなダイアリーキーワード:戦術