ソウルリンカー

ソウルリンカー

テコンキッドから転職が可能。

テコンドーの道を断ち、霊魂の力を自在に操る事ができるようになった職業。 強力な攻撃スキルと強力な支援スキルを併せ持つ。 特に支援スキルは、対象としたキャラクターが持つスキルを強化するなど、 強力な支援が可能となる。

一次職のスキルのうち、半分以上が使用不能となる変わった二次職である。

攻撃スキルは前置きが必要だったりして若干使いづらいものの、地水火風念闇聖の属性を自在に使い分けることができるため、特にPTなどでは使いやすい。ただし、対人戦では使えない。

「過去最強の魂」とやらを呼び出して強力なスキルを他のプレイヤーに与えられる。どの職への魂もかなりの効果がある。一番使えないと言われるハンターへの魂ですら、STRを120まで振ると、虫・動物限定で修練ダメージが160、ビーストストレイフィングに至ってはダメージ倍率2000%となってしまう。DEXカンストハンターDEFの低いMobに通常攻撃を行うと、おおよそ1000のダメージを与えられる。そこから概算すると、なんと20000ものダメージを与えられる計算となってしまう。

GvGにおいては、ノピティギとEmCを使えるソウルリンカーが注目されている。あまりに使い勝手がよすぎるためか、ノピティギ習得キャラクターがEmCを使う場合、詠唱時間が倍の10秒に増加する修正が行われた。