アマツ

アマツ

地名。

アルベルタの港で10000zを支払うことで行くことができる。町並みは日本風のイメージらしいが、どちらかと言えば韓国から見た日本風と言うべきかも知れない。

もともと日本専用マップだったらしいが、他国からも要望があって結局外国でも実装されることになったと言う。

周辺にはフィールドがある。また、城の屋根裏からはダンジョンに入ることができる。ダンジョンの1階は、支援アコに対する救済措置かと思うほどにアコにとって儲かる狩場となっている。このアマツダンジョンの実装によって、支援アコ製造BSと並ぶほどにつらい職から、すべての職の中でJob50転職が一番楽な職ではないかと言われるほどになった。また、2階にいる大口蛙も比較的Job経験値が高く、人気がある。その一方で3階は人気がないが、いつ行ってもガラガラなので、レベルが上がってから気分転換で訪れるには良い場所である。一応ミミックから青箱紫箱忍者からSシーフクロースを狙える。また、登場するMVPボス怨霊武士は、村正以上の妖刀と言われる正宗をきわめて低い確率でドロップすると言われる。

ダンジョンに入るためのクエストは、以下の手順でクリアできる。

  1. アマツ中央部にある城主の母親の家の門番に話しかけ、「城主の母の体調が悪い」という話を聞く。
  2. 城にいる城主に話しかけ、母親の治療を請け負う。
  3. 母親の家の南東部にいる子ども2回話しかけ、狐が神社に逃げていくという話を聞く。
  4. フィールドの奥へ行き、神社で「気合いで狐を退治する」という話を聞く。神社の前にはヒドラが群生しているので注意すべし。
  5. 母親に会い、退治成功するまで何度も話しかける。成功すると狐のしっぽが手に入るので、捨てたりしないよう注意する。
  6. 狐のしっぽを持って城主に会うと、通行手形をもらえる。なお、通行手形を紛失した場合は、城の1階10時方向にいるNPCに話せば10000zで売ってもらえる。